ブレイクライン 写真

ブレイクラインを攻略しよう!積極的に移動してくるバスの足を止める方法

FISHING JAPAN 編集部

春バスは、深い層から浅瀬へ向かって移動してきます。

捕食や産卵がその目的ですが、移動してくるのをハッキリと確認して攻略したいものです。

釣り人の目線は、浅瀬から沖に向いているほうが観察しやすいでしょう。

まさにこの画像の向きですね。

ブレイクラインとは?

浅瀬から沖に向いて観察を始めると、水の色が変わっているエリアを発見できます。

「そこから先が濁っているのかな?」

違います、水深が急に深くなっているのです。

その部分のことを、ブレイクと呼びます。

長く連なっている場合は、ブレイクラインと呼びますよ。

バスはブレイクラインに沿って移動する!

このフレイクラインが存在するために、深い層から上へ向かってきたバスは、その速度を緩めることがあります。

緩めてブレイクライン沿いに方向転換し、好みの浅瀬を見つけて一気に進入してくるわけです。

となると、我々釣り人からすれば、バスが丁度見えない位置で動かれてしまうことに。

これではバスを狙ってルアーをキャストすることはできません。

リップ付きのフローティングルアー=クランクベイトを使ってみよう!

そんなときに頼りになるのが、自ら下方向へ潜って上方向へ浮上できる、リップ付きのフローテイングルアーです。

さまざまなリップ付きタイプがありますが、飛距離が出てしっかり下へ潜れるものとなれば、クランクベイトが適しているでしょう。

クランクベイトの浮上アクションを活用!

クランクベイトを単に潜らせるだけでは釣れません。

やはりブレイクラインに絡ませる必要があります。

浅瀬に立ってクランクベイトをキャスト、ブレイクラインを超えた水面に着水。

そこから潜行させて、ブレイクラインの位置でリトリーブを止めます。

クランクベイトは前進できなくなりますから、その場で浮上を開始するわけです。

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス フラット AR-C ZQ-C57S 006 パンダ

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス フラット AR-C ZQ-C57S 006 パンダ

最安値価格
¥1,348(amazon)

Amazonへ ¥1,348

楽天市場へ ¥1,348

Yahoo!へ ¥1,348

浮上させるときに注意したいのが、その浮き上がりスピードです。

素早く水面に到達してバスが食い付けばいいのですが、春バスはそうカンタンには反応してくれません。

そこで、スローに浮上するクランクベイトを使ってみてください。

ゆらゆらとボディを揺らしながら浮上するクランクベイトを発見して、多くのバスがバイトしてくるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング