バス ルアー 写真

春バスを釣るには待てるかどうかがカギになる!なかなか釣れない春のバス釣り対処法

FISHING JAPAN 編集部

春はスポーニング=産卵の季節です。

でも、スポーニングだけにこだわってバスを追いかけても、全く釣れないことがありますよ。

釣れないときは、もっとシンプルに考えを巡らせる習慣を付けましょう。

春バスが釣れない理由を考えよう!

春バスが釣れない理由は何か、ひとつずつ挙げてみればいいのです。

「ルアーが合ってないのかな?」

もしそうだとしても、全てのバスルアーを持参するわけにはいきません。

ルアーのせいにしてしまうのは、後回しにしましょう。

それ以外で、目に飛び込んでくるものといえば・・・。

景色の中にヒントが・・・

例えば、景色はどうでしょう。

否が応でも目に飛び込んできますよ。

バスが潜んでいそうな岸際のカバーは全部チェックしてみましたが、反応はありませんでした。

それならば、カバー以外のポイントを探ればいいのです。

深場に注目!

水深の深いポイントなら、そこにカバーが沈んでいるかどうかさえ、目で確認することはできません。

逆を返せば、深い層にバスが潜んでいるかもしれないのです。

浅場のカバーばかりに気をとられて、深場が内包する可能性には目を向けていなかった事実に、気づくことができました。

深場を直撃するルアーよりおすすめなものといえば・・・

では、深場を攻略してみましょう。

ラバージグやディープクランクベイトなど、深い層を直撃するルアーはたくさんあります。

しかし、直撃してしまうとバスに与える刺激が強過ぎる気がします。

春のバスは、高活性なレギュラーシーズンのバスとは反応が異なると考えれば、その頭の上で待てるルアーを使ってアプローチしてみましょう。

Arbogast(アーボガスト) ルアー フラポッパー G750-05

Arbogast(アーボガスト) ルアー フラポッパー G750-05

参考価格:¥1,480

Amazonへ

Yahoo!ショッピングへ

具体的には、水面に浮かぶトップウォータールアーがおすすめです。

ピンポイントにとどまらせたければ、待てるルアー=ポッパーを活用します。

ポコッ!と1度スプラッシュさせたら、その場で動かさずにステイさせてください。

そうすることで深い層にいるバスは目線を上げ、浮いているポッパーをとらえます。

すぐにはバイトしてきませんが、いつまでもバスの目線の先を占拠している状態が続いたら、気になって仕方がないバスのほうから近寄ってきて、吸い込むようなバイトを見せてくれるでしょう。

待てるポッパーを操るには、待てる釣り人にならなければなりません。

その覚悟ができたなら、春バス攻略に出かけてみましょう。

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング