ロッド 写真

ヒラメバケXは2019年新発売のヒラメ釣り専用ロッド!バケを泳がせてヒラメを誘う!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2019年新発売となるヒラメバケXは、船釣りでヒラメを狙うための専用ロッドです。

バケとは、エサを装着してヒラメを誘うための漁具にからヒントを得た釣り道具のこと。

北海道の乗り合い船などで盛んにおこなわれている釣法です。

それを操るためのロッドがリリースされますよ。

ヒラメバケXってどんなロッドなの?基本スペックはこちら!

ヒラメバケXは、バケを操ってヒラメを誘うための専用ロッドです。

長さは、2.1メートルで2ピース構造。

仕舞寸法は110センチですから、持ち運びに便利ですね。

ヒラメバケXの適合バケは400グラムから600グラム

このロッドの自重は、190グラムです。

錘負荷は、50号から120号に設定されていますよ。

適合するバケの重さは、400グラムから600グラムです。

結構重いものを操れるようになっていますね。

バケを使ったヒラメの釣り方

ヒラメバケXは、バケを使ってヒラメを誘います。

その釣り方について、詳しく説明しましょう。

用意するエサは、オオナゴなどです。

これを枝バリ2本から3本に装着します。

頭部分にタコベイトをかぶせたりしますよ。

バケが効果的に仕掛け・エサを引っ張ってヒラメを誘う!

500グラムから600グラムのバケを用意します。

魚の形にも見える三角形のフォルムが、バケの一般的なイメージです。

これに仕掛け・ハリをつないで、船から底へ投入します。

ロッドをシャクることによって、バケが船の下で円運動をし始めますよ。

それに仕掛けが追従するので、エサに気づいたヒラメが食い付いてくるわけです。

ヒラメバケXは、2019年の5月に発売予定です。

ブランクは、ブランディングXで縛られて補強されています。

リールシートは、安心してリールを装着できる両側金属フードタイプになっています。

ロッドの穂先は、柔軟で食い込みに優れていて、アタリを弾かないように仕上げられています。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング