ロッド 写真

鱗海AXは新発売のクロダイ=チヌ釣り専用ロッド!2019年フルモデルチェンジ

FISHING JAPAN 編集部

鱗海AXは、シマノから2019年新発売となるクロダイ=チヌを釣るための専用振り出しロッドです。

シマノオリジナルのスクリューシートを搭載していますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

鱗海AXの基本情報!どんなロッドに仕上がっているの?

鱗海AXは、クロダイを釣るための専用ロッドです。

機種は、全部で7種類用意されていますよ。

0号から1.5号まで、長さは5.00メートルと5.30メートルの2種類が設定されています。

鱗海AXの穂先はタフテックα

このロッドの穂先には、タフテックαが搭載されています。

タフテック穂先の張りを抑えた仕様になっていますよ。

穂先自体の径を落とさずに強度も保ちながら、しなやかで繊細に曲がります。

ソリッド穂先ならではの食い込みの良さを体感してください。

シマノオリジナルリールシートを装備!

鱗海AXには、ロックアップ式のオリジナルリールシートが装備されています。

握りやすいグリップデザインになっていますから、実釣時にしっかりロッドを支えることができるでしょう。

リールフットが安定するのも嬉しいですね。

リールシートやバットエンドにマットラバーコーティング

このロッドのバットエンドを見てください。

マットラバーコーティングが施されていて、滑りにくくなっていますよ。

リールシート部分にもマットラバーコーティングされています。

鱗海AXのブランクスには、ネジレ・ツブレ剛性を高めた、スパイラルXが採用されています。

2019年の4月に発売予定、新しい鱗海AXで大型クロダイを仕留めてみましょう。

防波堤などの足場の高いところでの釣りでは、隣りで釣りをする人にも配慮して、トラブルのないように心がけましょう。

DAILYランキング