魚 写真

アマダイ仕掛け特集!アマダイの特徴や釣りにおすすめの仕掛けをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

アマダイは、ボートからの釣りで人気の対象魚です。

ジギングやタイラバを楽しんでいる釣り人が、アマダイを掛けているケースを見かけますよね。

底付近から離れずに生きている魚なので、狙う仕掛けも底を取れるものが主流になっていますよ。

ここでは、アマダイの特徴と釣るためのおすすめ仕掛けをご紹介します。

アマダイの棲息エリア

アマダイは、本州中部から南にかけて釣れる魚で、体長が40センチ前後になります。

名前に鯛が付くので、マダイの仲間かな?と思ったら、全く異なる種類のようです。

棲んでいるのは、水深30メートルより深い底付近で、砂や泥底の状態を好みます。

アマダイの釣れる時期

アマダイが釣れる時期は、秋の9月ごろから。

冬を通り越して5月くらいまでなら、じゅうぶん狙えるでしょう。

エサはエビや虫系のイソメで対応できます。

底の砂ごとエサを吸い込んで捕食する習性がありますよ。

オキアミやイソメをハリに刺して、底付近でふわりと漂わせて誘ってみましょう。

アマダイ釣りに使う仕掛け

アマダイの釣り方は、胴突き2本バリの仕掛けを用いた、片テンビンを用いるケースが多いです。

テンビンに装着したオモリ部分で底をとり、アマダイの目の前にエサを漂わせて誘います。

片テンビンからハリまで、とてもシンプルな仕掛けになっていますよ。

アマダイ釣りでは他の魚種も豊富に釣れる!

食べればとても美味しく、関西では高級魚として広く知られているアマダイ。

ボートに乗って沖釣りを楽しみたい人なら、うってつけの釣り対象魚といえるでしょう。

頭の小さなコブが可愛い魚ですから、釣って楽しめるのは間違いなさそうですね。

同じ仕掛けに、ホウボウやマダイ・カサゴなどが食ってくるケースが多いので、五目釣りも体験できますね。

アマダイ釣りにおすすめの仕掛けはこちら!

アマダイ釣り用のおすすめ仕掛けをピックアップしてみました。

2本バリの仕掛けが多いようです。

複雑な仕掛けにすると、底付近に引っ掛かりやすくなるからかもしれませんね。

穂先や手元に出るアタリを、確実にとらえられるようになりましょう。

がまかつ(Gamakatsu) アマダイ仕掛 誘イコヅキ2本鈎 FA107 4号-ハリス3. 45618-4-3-07

がまかつ(Gamakatsu) アマダイ仕掛 誘イコヅキ2本鈎 FA107 4号-ハリス3. 45618-4-3-07

最安値価格
¥421(Yahoo!)

Amazonへ ¥495

楽天市場へ ¥447

Yahoo!へ ¥421

がまかつ(Gamakatsu) アマダイ仕掛 速潮ロング2本鈎 FA109 4号-ハリス3. 45620-4-3-07

がまかつ(Gamakatsu) アマダイ仕掛 速潮ロング2本鈎 FA109 4号-ハリス3. 45620-4-3-07

最安値価格
¥382(楽天市場)

Amazonへ ¥495

楽天市場へ ¥382

Yahoo!へ ¥382

ささめ針(SASAME) D-801激釣アマダイ 3

ささめ針(SASAME) D-801激釣アマダイ 3

最安値価格
¥263(楽天市場)

Amazonへ ¥397

楽天市場へ ¥263

Yahoo!へ ¥263

シャウト ササメ FSM82実船アマダイ(ケイムラ&フロート) 3-3

シャウト ササメ FSM82実船アマダイ(ケイムラ&フロート) 3-3

最安値価格
¥292(楽天市場)

Amazonへ ¥396

楽天市場へ ¥292

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング