藻 写真

春に発生しやすいとろろ状の藻を攻略したい!藻の存在をバス釣りに活かそう!

FISHING JAPAN 編集部

春になると池のあちこちに、とろろ状の藻=アオミドロが発生します。

よく見ると、太陽が当たっている箇所に多く繁殖しているような・・・。

まだ水温が冷たいのに、おかまいなしで増え続けるこの藻。

バス釣りに活かすことはできないのでしょうか?

とろろ藻の生えているところには小魚の姿があまりないかも・・・

実は、このとろろ藻が生えていると、小魚が寄り付いていない気がします。

エビは藻にたかって食べているようですね。

藻エリアから姿を消した小魚は、どこへ行ったのでしょうか?

藻の生えていないポイントに注目!

藻の生えていないところ、つまり境目部分に注目してみました。

隣接して堆積していた、落ち葉や竹の上には藻がありません。

そこをしばらく観察していると、小魚が群れで入ってきましたよ。

なるほど、藻を見つけたらその境目までチェックすれば、小魚の避難場所・溜まり場所に出会えるわけです。

小魚の居場所を見つければバスにつながるかも!

小魚の居場所さえ判明すれば、バスがそこを襲う可能性が出てきますよ。

枯れ葉や竹などの枝が沈んでいるところに、深場が隣接しているポイントをチェックしてみましょう。

バスが深場に居て、ストラクチャーに沿って小魚の群れへ向かう確率が高いからです。

細くて長いフォルムのルアーを用意しよう!

次に考えるのは、使うルアーです。

小魚の群れと同じサイズのルアーを用意しても、小さ過ぎてバスが見つけてくれないかもしれません。

また、小さ過ぎるルアーは、ブルーギルに襲われることもあります。

そこで、細くて長いルアーを用意します。

サイズは10センチ前後で、水面にゆらゆらと浮くフローティングタイプがおすすめです。

とろろ藻の境目ポイントを見つめるように、少し沖合いで細長いルアーを浮かべておきましょう。

アクションさせると、バスが近寄ってきてもルアーが通り過ぎて発見できないかもしれませんから、動かさずに波に揺られている状態にします。

まさに、小魚を狙う中型魚そのもの。

この無防備な中型魚を演出することによって、バスに襲わせるタイミングを作り出せるのです。

2019年新発売のフラッシュブースト機能付きミノーなら、アクションさせなくても内部プレートが微振動を繰り返して、バスを魅了してくれました。

さまざまなルアーを試して、待ちの釣り方を習得してください!

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング