ルアー 写真

人気のフラットバックジグに2019年ファインシリコンスカートモデルが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

デプスからリリースされているフラットバックジグに、2019年ファインシリコン素材を用いたスカートタイプが追加されます。

既存モデルと合わせれば、さまざまなシチュエーションに対応できるでしょう。

その特徴をチェックしてみましょう。

フラットバックジグってどんなラバージグなの?基本スペックはこちら!

フラットバックジグは、ガード付きでカバーに強いラバージグです。

設定ウエイトは、6種類。

3/16オンス・1/4オンス・3/8オンス・1/2オンス・3/4オンス・1オンスからカバーの濃さや水深などで使い分けてください。

ルアー 写真

画像はファインラバースカートモデル

出典:amazon

フラットバックジグのヘッドに注目!

このラバージグは、ヘッドの形状が独特です。

底に当たる面がフラットになっているので、ロッドを立てたときに水が効率よく当たり、浮き上がりやすくなっていますよ。

スイミング姿勢に入りやすく感じるのは、このヘッド形状によるものだったのです。

カバーをすり抜けやすいデザイン

フラットバックジグは、カバーに対してすり抜けやすくデザインされています。

それにより、ウィードの中でリフト&フォールすることや、濃いカバーの中を根掛かりせずに通り抜けることが可能になっています。

ビッグバスほどカバーの中を好む傾向にありますから、信頼して使えそうですね。

ブラシハガードや太軸フックを標準装備!

カバーすり抜けのために、ブラシガードが装備されています。

また、太軸フックを採用していますから、ビッグバスが掛かっても強引にやり取りをすることができますよ。

デプス(deps) ラバージグ フラットバックジグ 1/2oz スカッパノン #27

デプス(deps) ラバージグ フラットバックジグ 1/2oz スカッパノン #27

Amazonへ 売り切れ

フラットバックジグには、既存モデルとして、ファインラバースカートとシリコンスカートの2タイプがラインナップされていました。

そして2019年には、その両者のメリットを複合した、ファインシリコンスカートタイプが5色追加されます。

実績のあるカラーばかりですから、使うタイミングで迷うことはないでしょう。

ワームやポークなどをトレーラーにセットして、これからのカバーゲームを楽しんでくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング