バス 写真

寒くてブルブル!春なのに気温・水温が下がった日のバス釣り方法を解説

FISHING JAPAN 編集部

ようやく春になりましたが、急に冷えるケースがあります。

気温20℃に到達していたのに、朝起きたら4℃。

その後も大して気温は上がらずに、日中11℃で止まったりしたら、釣りに影響が出るのは必至です。

水温が上がらない日に遭遇してしまった!

釣り場へ出向いて、シャローエリアをチェック。

カバーが点在するのは見えますが、バスの姿はどこにもありません。

試しにに水温を測ってみると、11℃です。

気温が高かった日より、極端に下がったわけではありませんが、でも春にしては冷たいほうですよね。

こんなシチュエーションになったとき、どうバス釣りを展開すればいいのか解説しましょう。

カバーが点在するポイントでやることは・・・

画像のようなカバーが存在するシャローのポイントを見つけてください。

案の定バスはいませんが、それでかまいません。

観察して見つけてほしいのは、1センチから3センチ程度の小魚・稚魚の群れです。

春のこういうポイントには、水温が低くても集まっていることがよくあります。

春の小魚の群れは大きく移動しようとしない!

しかもそのサイズの小魚の群れは、前日より少々気温・水温が下がっても、場所移動しようとしません。

その習性をよく知っているのが、ブルーギルなのです。

ブルーギルの捕食対象として、これらの小魚はロックオンされているのです。

小魚の群れをブルーギルが襲う!

小魚の群れの周辺にブルーギルがいるかどうかは、ポイントのそばにボートやカヤックを留めて観察すれば確認できますよ。

留めてすぐは、ボートによる波が立っているので、ブルーギルは姿を見せませんが、それも時間の問題です。

小魚を襲いたいブルーギルは、ゆっくり浮上してきます。

そしてタイミングを見計らって、小魚を食べ始めるのです。

当然水飛沫が飛び散り、水面が乱れます。

このブルーギルの捕食の様子を、バスが感知しないはずがないのです。

乱れた水面の周囲にトップウォータールアーを浮かせて漂わせましょう。

時おり水中へ没することのできる、リップ付きルアーかダーターがおすすめです。

ロッドワークで水没と浮上を繰り返しながら、リールハンドルを回すのは止めてください。

凧揚げのイメージで、ルアーを巻き取らずにポイント付近で漂わせていると、バスが食い付いてくるでしょう。

ルアーを回収することを止めれば、バスがルアーを発見する機会が増える!というシンプルなアプローチです。

ぜひ試してみてくださいね!

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング