ルアー 写真

バンタムBtスラプターの泳ぎを水中アクション動画でチェック!水面に追い込まれる姿を再現

FISHING JAPAN 編集部

シマノからリリースされるバンタムBtスラプターは、スイッチングベイトと称されたルアーです。

バスの捕食スイッチをオンにするという意味らしいのですが、そのアプローチ方法を詳しくチェックしてみましょう。

水中アクション動画に、そのヒントが隠されていましたよ!

バンタムBtスラプターの水中アクション動画をチェック!

バンタムBtスラプターは、2019年シマノから新発売となったルアーです。

ボディ中央部がジョイント型式になっていて、既存のスイムベイトやビッグベイトと同じ印象を受けますが、そこは後発の新作ですから、新しい工夫が盛り込まれていますよ。

まずは、水中動画を見てみましょう。

バンタムBtスラプターで小魚の逃走アクションを演出

このルアーの動き、なかなか滑らかで小魚の逃走アクションに似ています。

小魚はバスに追われたとき、一瞬で体をひねって進行方向を変えたりしますよ。

加えて上方向、すなわち水面へ追い込まれてしまうケースも発生します。

水面へ逃げ込む=浮上アクションが可能なバンタムBtスラプター!

水面とは、言い換えれば行き止まりのこと。

そこへ逃げ込むということは、追い詰められた小魚をバンタムBtスラプターはしっかり演じ切れていることになります。

この上方向アクション=浮上アクションを出せるスイムベイトを、これまでもあまり見たことがありませんから、スイッチングベイトとメーカーが呼称する理由が見えてきた気がしますね。

ネイルシンカーを差し込むためのウエイトホルダーを装備

このルアーの腹部に注目してください。

ワーム用のネイルシンカーを差し込める軟質なウエイトホルダーが装備されています。

ここにさまざまなウエイトのネイルシンカーを差し込んで、サスペンド状態やスローシンキング状態を任意に作り出すことができるのです。

「あ、この沈下スピードなら食わないな!」と感じたとき、すぐにネイルシンカーを取り替えて対処することが可能ですよ。

これまでのシールタイプの板オモリより、柔軟にウエイト調整ができるのは嬉しいですね。

バンタムBtスラプターと水面の両方を活用して、バスの捕食スイッチをオンにしてみましょう。

これまで獲れなかったニュートラルバスを、確実に仕留められるかもしれませんよ。

ネイルシンカーはタングステン製のものでかまいませんが、鉛素材のものにすれば、現場でカットして調整できます。

自分なりの色々な工夫を施して、バス釣りを楽しんでくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング