ビッグベイト ガンクラフト ジョインテッドクロー

まだ小さいベイトを使ってるの?マッチザベイトを覆すビッグベイトの魔力がすごい!!

FISHING JAPAN 編集部

ビッグベイトといえばどんなイメージがあるでしょうか?

ルアーが大きすぎて釣れる気がしない。

「大きい魚しか食ってこない。」

「大きなエサを食べている時に有効なんでしょ」

こんなイメージを持ってしまい、ビッグベイトって釣れるんだよ!と自信を持って言える人がどれだけいるのでしょうというのが一般的です。

断言します、ビッグベイトは釣れます!!!

ビッグベイトを投入する状況は?

大きなエサを捕食している時ってあまり小さいルアーを投げませんよね?

20cmの魚を食っているのに小さいルアーを投げても気づいてもらえない。

このような状況であれば、ビッグベイトを投げてただ巻きしているだけで釣れそうな気がします。

この魚はマイワシパターンで投げたジョイクロ(ジョインテッドクロー)にヒットしたシーバスです。

他にもボラやコノシロなど、大型のベイトを捕食している時には特に有効です!

では、逆はどうでしょうか?

2,3cmの小魚を捕食しているときにビッグベイトは釣れるのか?

「普通は釣れないでしょ。」

「マッチザベイトという言葉があるように小さいルアーを投げるべきだ!」

普通はこんな意見が出るかと思います。

しかし、そんなことありません!

エサとなる小魚はボラの稚魚で大きさは2,3cmで、そんな小魚の群れにシーバスが下から突き上げている場合を例にとります。

日中に小魚の群れに適当に突っ込む魚に対して小さいルアーでなじませても、魚は簡単に見切ってしまいます。

ここでルアーのサイズを極端にあげることにより、全然反応しなかった魚が口を使ってしまうことがあるんです。

オススメのルアーがガンクラフトのジョインテッドクロー。

GANCRAFT ガンクラフト ジョインテッドクロー 178 GAN CRAFT JOINTED CLAW 【ビッグベイト】

GANCRAFT ガンクラフト ジョインテッドクロー 178 GAN CRAFT JOINTED CLAW 【ビッグベイト】

Amazonへ ¥-2

このルアーはジャークをするとキラッとお腹を見せてアピールしてくれます。

この動きがシーバスにスイッチを入れるんです。

まずはシーバスがボイルしているところを観察します。

魚は変化やベイトの密度などによって、同じところでボイルすることがよくあります。

単発でボイルが出るとこよりも、何回もボイルするポイントはそれだけエサを食べやすい状況にあると言えます。

そんなポイントにビッグベイトをすぐ投入!

ボイルしている少し奥にキャストをして、静かにポイントまでゆっくり巻いてきます。

ボイルのポイントにきた時にジャークをして腹を見せると下からゴン!!

ばっちり釣れます!

マッチザベイトの常識をくつがえせ!!

このように湾奥で小さい小魚を捕食している時でもビッグベイトって釣れるんです!

マッチザベイトって何なのか?

そう思いたくなる状況ですよね!

ほとんどの釣行をビッグベイトでやり通してしまう強者もいます!

それぐらいビッグベイトで釣れる状況があるということです。

普通のルアーには魚が見向きもしない、周りも釣れていない。

そんな状況を打破する一つの手段としてビッグベイトを選択肢に入れてみてはいかがでしょう?

新しい扉が開かれるかもしれませんね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング