バス ルアー 写真

人気のクランクベイト・マクベスフラットAR-Cの使い方!実釣インプレを大公開

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノより新発売となった、マクベスフラットAR-C。

すでに各地で、数多くのバスをキャッチしていますよ。

実際に使ってみたインプレや、効果的な使い方をご紹介しましょう。

マクベスフラットAR-Cとは?

マクベスフラットAR-Cは、側面をフラットにしたクランクベイトです。

全長57ミリで自重9グラムですから、意外とコンパクトなデザイン。

でも、実際にキャストしてみると、びっくりするくらい飛んでくれるんです!

シマノ独自のAR-C重心移動システムを搭載!

マクベスフラットAR-Cの飛距離のヒミツは、内部にシマノ独自のAR-Cを搭載していることに起因しています。

この重心移動システム、シーバスアングラーならお馴染みなのですが、最後尾にバネが入っていて移動してきたウエイトパーツを元の場所へ押し戻すようになっていますよ。

これにより、ルアーが着水する前に、ウエイトが固定重心の位置、すなわちキレのあるアクションを生む位置に戻されることになります。

だからこのクランクベイトは、動き出しがスムーズでキレッキレなんですね。

水に絡めて浮かび上がらせよう!

マクベスフラットAR-Cは、他のクランクベイトと違って、カバーに接触させる必要は感じられません。

水に絡めて浮かび上がらせるだけで、バスが近寄って食い付いてくれますよ。

リップは基盤リップで前方にせり出していますが、さほど潜行せずに浅い層でスイミングします。

そして任意の場所でリトリーブを止めると、ゆっくり揺れながら浮き上がってくるのです。

このアクションが、どうやらバスに効果的な感じがしますね。

マクベスフラットAR-Cの具体的な使い方

そこでおすすめしたいのが、何か底にカバーが堆積しているポイントや、カケ上がりの真上、もしくは垂直岩盤などの岸に沿って、マクベスフラットAR-Cをリトリーブしてから浮き上がらせてほしいのです。

この使い方をすれば、下から突き上げるようにバスがバイトしてきますよ。

ぜひ試してくださいね!

マクベスフラットAR-Cの開発担当である、イヨケンこと伊豫部健プロの実釣動画もチェックしてください。

急に水温が下がった状況でも、このスローフローティングを活用した使い方を実践すれば、高い確率でバスを引き寄せられるでしょう。

ワーム一辺倒の釣りに頼っている人も、ぜひクランクベイトの強さを体感してみてはいかがでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス フラット AR-C ZQ-C57S 009 シトラスミラーS

シマノ(SHIMANO) ルアー バンタム マクベス フラット AR-C ZQ-C57S 009 シトラスミラーS

最安値価格
¥1,347(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,540

楽天市場へ ¥1,348

Yahoo!へ ¥1,347

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング