ワーム 写真

人気ワーム・エスケープチビツインに2019年追加カラーが仲間入り!

FISHING JAPAN 編集部

ノリーズから発売中のワーム・エスケープチビツインに、2019年追加カラーが登場します。

バスが口に吸い込みやすいボリュームにデザインされた、ミニワームです。

その特徴や製品カラーラインナップ、実釣インプレ動画を見てみましょう。

エスケープチビツインってどんなワームなの?基本スペックはこちら!

エスケープチビツインは、エビやヨシノボリ・ゴリなどの小型ベイトフィッシュに似せたワームです。

サイズは、75ミリ。

適合フックサイズは、オフセットフックの1/0ぐらいがおすすめですよ。

ナローゲイブタイプにすれば、より吸い込まれやすくなるでしょう。

エスケープチビツインとエスケープツインの比較

このワームは、既存モデルのエスケープツインと各部パーツ構成が似ています。

ただし、専用設計が施されているので、単なるダウンサイズ版ではありません。

側面のアームが2本から4本に増えているのは、短さをカバーしつつ横倒れを防いでいるのでしょうか。

底までゆっくり沈む様は、まさにエビそのものです。

さまざまなリグに対応!

エスケープチビツインは、さまざまなリグに対応できるワームです。

テキサスリグやダウンショットリグはもちろん、ヘビーキャロライナリグやスモラバトレーラーにも対応可能でしょう。

シチュエーションに合わせて、複数のリグでアプローチしてみてくださいね。

甲殻類はバスの大好物!

バスにとって、エビなどの甲殻類は大好物です。

捕食しやすくて栄養分が豊富、加えて腹持ちが良いのが利点とされています。

ここに甲殻類がいるぞ!という存在感を、小さいながらもしっかりアピールできることが、小型ワームのキモなのかもしれませんね。

エスケープチビツインには、計4種類の追加カラーがラインナップされます。

●013ジューンバグカラー

●123アメザリ♂カラー

●299ステインワカサギカラー

●380ダッピカラー

2019年の4月に発売予定、スポーニング時期の気難しいビッグバスを攻略してみましょう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング