バス ルアー 写真

春のバス釣り攻略マニュアル!春バスに効くおすすめルアーも大特集

FISHING JAPAN 編集部

春到来、いよいよバス釣りシーズンのスタートです。

越冬したバスは、体力が衰えていますから、活発に食事をして元通りになろうとしますよ。

体力が戻れば、次に産卵というイベントが控えています。

この2つをおこなおうとするバスを、追いかけてみることにしましょう。

そもそも春バスってどこにいるの?

バスが冬を越すのは、深場です。

でも深場には呼吸するための酸素が少なく、そのためにエサとなる小魚や甲殻類もあまり居ません。

春になって水温が上がり始めたのですから、バスはこぞって浅場に移動してくるでしょう。

どんな浅場へ移動してくるの?

このとき考慮しなければならないのは、どの浅場に移動してくるか?です。

当然ながら、他の場所よりも温かい浅場でなければならないでしょう。

しかも、素早く到着できる浅場のほうが便利ですよね。

深場に隣接した浅場に注目!

春バスは、深場から近い、すなわち深場に隣接した浅場に移動してくるケースが多いでしょう。

そういう浅場を見つければ、春のバス釣りは攻略できたも同然です。

太陽光の当たっている浅場や、南風の当たっている浅場なら、より一層バスが釣れる確率が上がるに違いありません。

ただし、ひとつだけ必ず守らなければならないことがあります。

バスの頭を踏まない釣り方をしよう!

春のバス釣りで守らなければならないこと、それは「バスの頭を踏まない」ことです。

詳しく説明しましょう。

バスは深いところから浅いところへ向かってくるわけですよね。

その間に、移動を邪魔するものがあれば、せっかくの進行を止めてしまいます。

邪魔するもの、それは釣り人そのものです。

春のバス釣り攻略にはいつもの位置で釣りを始めてはダメ!

バス釣りをする人は、ボートやカヤックで浮かぶと、必ずといっていいほど沖に浮かんで岸際へルアーを投げます。

その浮かんでいる位置が、ダメなのです。

まさに深場から上がってきたバスの通り道で、そんなところに人が居たら、バスは他のエリアへ去ってしまうでしょう。

だから釣れないのです。

春だけは、この位置に浮かんだり、立ち込んだりしないように心がけてください。

春のバス釣りにおすすめのルアーはこちら!

春のバス釣りにおすすめのルアーをピックアップしてみました。

色や形に特徴がありますので、その点にこだわって活用してみてください。

色は赤・白などが効果的で、形は細長いものに実績があります。

無防備な雰囲気が、バスの捕食スイッチをオンにするのかもしれませんね。

釣る時間帯は、朝や夕方でなくてもかまいません。

立ち位置に注意しながら、ただ巻きやロングステイを駆使してみましょう。

春バスが見えるところに浮いている!どんなふうにアプローチすれば釣れるの?ワームのただ巻きメソッドで攻略してみよう!

水温がどんどん上がる春のバスフィールド。 岸際の冠水植物の周りをチェックしてみると、大小さまざまなサイズのバスが浮いていますよ。 これを効率よく獲っていくには、どうすればいい…

FISHING JAPAN 編集部
春バスが見えるところに浮いている!どんなふうにアプローチすれば釣れるの?ワームのただ巻きメソッドで攻略してみよう!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング