ルアー 写真

アレキサンドラは渓流魚をターゲットにしたフラットサイドシンキングミノー!

FISHING JAPAN 編集部

パームスから発売中のアレキサンドラは、渓流エリアで活用するためのフラットサイドシンキングミノーです。

岩や沈木などの周りを果敢に攻めてみたくなるスペックですよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

アレキサンドラってどんなミノーなの?基本スペックはこちら!

アレキサンドラは、渓流魚をターゲットにしたフラットサイドシンキングミノーです。

サイズは、5種類用意されていますよ。

35ミリ1.9グラム・43ミリ3.3グラム・50ミリ4.5グラム・63ミリ6.6グラム・70ミリ8.0グラムです。

流れの強さ・速さやベイトフィッシュのサイズ、狙うタナなどに合わせて使い分けてみましょう。

アレキサンドラはフラットサイドデザイン+低重心設定!

このミノーは、体側がフラットサイドにデザインされています。

これと低重心設定により、安定したフォーリングを実現させていますよ。

ロッドワークを加えると、連続したヒラ打ちアクションを発生させることが可能です。

薄さをキープしながら強度を高めたリップ!

アレキサンドラのリップを見てください。

薄いリップで立ち上がりの良さとキレのあるアクションを発生させます。

より強度をアップさせているので、カバーへの接触も気にせず果敢に攻めることができますよ。

アンチフックアウトシステムを採用!

このミノーのお腹部分もチェックしましょう。

通常のフックアイではなく、スイベルになっています。

魚が掛かって暴れても、アイ自体が回転するので、バレを抑えることができますよ。

アレキサンドラには、計10種類のカラーが用意されています。

渓流に棲むリアルなベイトフィッシュカラーもあれば、フラッシングによる集魚効果の高いカラーもラインナップされていますね。

状況に応じてローテーションしながら、まだ見ぬビッグサイズを狙ってみてください!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング