ロッド 写真

ハードロッカーBBは2019年新発売のロックフィッシュゲームを楽しむためのロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年シマノから新発売のハードロッカーBBは、ロックフィッシュゲームを楽しむためのベーシックなロッドです。

ベイトロッド3機種と、スピニングロッド5機種が用意されていますよ。

その特徴をチェックしてみましょう。

ハードロッカーBBってどんなロッドなの?基本スペックはこちら!

ハードロッカーBBは、最近流行りのロックフィッシュゲームを楽しむためのロッドです。

岩礁帯に潜むガシラやアイナメ・キジハタなどを、ショアからアプローチするスタイルです。

高比重ワームによるノーシンカーリグやジグヘッドリグ、テキサスリグなどが盛んにおこなわれていますが、それらをフォローする専用ロッドが、ハードロッカーBBなのです。

ハードロッカーBBのベイトロッドは3機種!

ベイトロッドは、3機種用意されています。

岩礁帯や藻に逃げ込んだロックフィッシュをパワーで引き寄せるには、ベイトリールを使ったベイトロッドが適しているでしょう。

長さは7.2フィートから7.6フィートまで、硬さはミディアム・ミディアムヘビー・ヘビーの中から選ぶことができるようになっています。

スピニングロッドは5機種!

ハードロッカーBBのスピニングロッドは、5機種用意されています。

ショアから離れたところにあるポイントを遠投で狙いたいときには、スピニングリールを使ったスピニングロッドの出番といえるでしょう。

長さは7.6フィートから9.2フィートまで、硬さはミディアムライトからヘビーまでラインナップされていますよ。

ロックフィッシュゲームを長く楽しむために

ロックフィッシュは、ルアーを積極的に追ってくれる素晴らしい対象魚です。

でもその成長には、長い年月がかかることが知られていますよ。

釣り上げたガシラやキジハタが、20センチにも満たない小型魚なら、丁重にリリースしてあげるようにしましょう。

大きくなって再びロックフィッシュゲームを楽しませてくれるに違いありませんから。

ハードロッカーBBは、2019年春にリリースされましたので、B76Mを購入して実釣に出かけてきました。

ジョイント部がしっかりしていて振り抜け感が良く、7グラム程度のイモグラブが勢いよく飛んでくれます。

バックラッシュトラブルにも見舞われず、とても扱いやすい印象を持ちました。

ぜひあなたもコスパ優秀なこのロッドで、大型のロックフィッシュをゲットしてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング