ロッド 写真

ブラストSLJエアポータブルは2019年新発売のスーパーライトジギング専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワより2019年新発売のブラストSLJエアポータブルは、船釣りのスーパーライトジギング専用ロッドです。

小型青物やイサキ・ホウボウ・マダイなどを仕留めるためのマストアイテムの登場です。

その特徴をチェックしてみましょう。

ブラストSLJエアポータブルってどんなロッドなの?基本スペックはこちら!

ブラストSLJエアポータブルは、スーパーライトジギングをおこなうために開発されたロッドです。

スピニングタイプで、機種は2種類。

どちらも全長6.3フィート=1.91メートルで、取り回ししやすい長さに設定されています。

ブラストSLJエアポータブル63MLS-Sのスペック

63MLS-Sのほうは、自重104グラム。

継ぎ数は2本で、仕舞寸法は100センチと持ち運びに便利なサイズですね。

適合ジグウエイトは、20グラムから60グラムに設定されています。

63MS-Sのスペック

ブラストSLJエアポータブルの63MS-Sのほうは、自重108グラムで張りを持たせたタイプ。

継ぎ数は2本で、仕舞寸法は100センチと統一されています。

適合ジグウエイトは、20グラムから80グラムに設定されていて、グラス素材の含有率が少し多めになっていますよ。

ロッドティップ部分にメガトップを採用!

どちらの機種も、ロッドティップ部分にはメガトップを採用しています。

高い感度で尚且つ食い込みの良いメガトップですから、軽量なジグの操作性を損なわずにしっかりとフッキングに持ち込めますよ。

ブラストSLJエアポータブルは、軽量のHVFカーボン素材を採用しています。

それをブレーディングXで補強しているので、不意の大物が掛かっても柔軟に対処できるでしょう。

また、2ピースのジョイント部分はVジョイント構造になっていて、ロッドパワーを損なわずに魚とやり取りを楽しめます。

2019年5月にリリース予定、早く船に乗って沖合いに出向きたいですね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング