クーラー 写真

ダイワのクーラーボックス特集!人気のプロバイザーやクールラインシリーズなど詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

釣りはもちろん、アウトドアシーンに必ず持って行きたいのが、クーラーボックスです。

釣具メーカーのダイワでは、数多くのクーラーボックスをリリースしていますよ。

人気ブランドは、プロバイザーやクールラインでしょう。

おすすめのダイワ・クーラーボックスを取り上げてみましょう。

ダイワのクーラーボックスは保冷力の高さが魅力!

ダイワのクーラーボックスは、その保冷力の高さで有名です。

釣った魚を鮮度良く持ち帰ろうと思ったら、行き帰りの道中で氷が溶けてしまうようなクーラーボックスではダメ。

ダイワのクーラーボックスなら、きっちり魚を冷やして持ち帰ることができます。

ダイワのクーラーボックスは軽い!

ダイワのクーラーボックスは、とても軽量にできていますよ。

魚と氷を入れて釣り場を持ち歩くわけですから、クーラーボックス自体が激重では対処できません。

軽やかに歩けるように、保冷力をキープしながら軽量化に成功したものが数多くラインナップされています。

小型から大型まで豊富なサイズ展開!

ダイワのクーラーボックスは、小型コンパクトなタイプから、大型青物をそのまま放り込めるような、大型サイズのものまでラインナップされています。

ビッグサイズの魚がたくさん釣れても、安心して持ち帰ることができるでしょう。

フタが前後どちらからでも開閉できるタイプも用意されていますから、魚の出し入れをスムーズにおこなうことができます。

また、フタを完全に取り外せるタイプもあります。

帰宅後の洗浄を、とてもカンタンに実施することができますよ。

消臭機能付きのクーラーボックスも!

ダイワのクーラーボックスには、消臭機能の付いたものがあります。

魚独特の生臭さを嫌う人は多いですから、クーラーボックス自体に消臭効果が付加されているのは嬉しいですね。

各種パーツやオプションも充実!

ダイワのクーラーボックスには、各種パーツやオプションが用意されています。

例えば、ポケット型の小物入れやロッドホルダー、肩にかけて運ぶためのショルダーベルトなど。

自分だけのカスタマイズを施して、釣り場へ持ち込んで活用したいですね。

ダイワのクーラーボックスからおすすめの機種をピックアップ!

ダイワのクーラーボックスの中から、おすすめのものをピックアップしてみました。

やはりプロバイザーシリーズや、クールラインシリーズは外せませんね。

保冷剤を含め、さまざまな仕様がありますので、個別にチェックしてから購入するようにしてください。

あなたの釣りをより楽しいものにしてくれる、ダイワのクーラーボックス。

どれを選ぶか、お決まりになりましたか?

管理釣り場で30cmくらいのトラウトを10匹程度持ち帰ることが良くあります。
今まではホームセンターの安い20Lを使っていましたが、冷えが持たないし、オーバーキャパ。
6Lはさすがに小さいかなと8Lにしたら大正解でした。
堤防のファミリーフィッシングなどにも良さそうな大きさです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング