バス ルアー 写真

バスが全く釣れないときに効果的な秘策はこれだった!ポッパーのリアフックに注目しよう!

FISHING JAPAN 編集部

どうも今日は朝から頑張っているけど、釣れないなという時ってありませんか?

水面のあちこちを見回して、浮いているバスを見つけることができたら、まだ精神的にゆとりが生まれます。

でも、その姿すらどこにも見当たらない時だってありますよね。

そんな時、釣り人の皆さんはどうしますか?

釣れないときはシビアに感じてしまう・・・

釣れそうなのにバスの気配なしという時は、不安になりますよね・・・

バス釣りという遊びは、遊びのくせになかなかシビアです。

それは、釣り人の相手がバスではなく、自然だからかもしれません。

もし相手が自然なら、ずっとバスの生態だけ追いかけていたって、釣れるようにはなりませんよね。

では結局どうすればいいの?

あまりに釣れない日は、ルアーを投げるのを思い切ってやめてみます。

そして、自分の周囲の音や光の変化を、静かに観察してみましょう。

そうすると、バスの気配がどこにもないことに気づきます。

ルアーを懸命に投げることが、釣り場に来てやるべきことだ!

そうすることが当たり前なんだ!

そう思いがちですよね?

実は、違ったんです。

まずバスがいないことに気づけば、バスを自然の中から探すことができます。

リアフックを外してみると・・・

そこで、工夫ができるのは、ルアーなんです!

トップウォータールアーの一種であるポッパーの後ろのフックを外してみます。

いつもは2つぶら下がっているフックが、腹のひとつだけになったので、ポッパーの浮き姿勢が変わります。

最後尾を下に向けてナナメ立ちしていたのが、ほぼ水平に浮かぶようになります。

試しにラインを引っ張ってみると、それまで突っ立ってばかりいたポッパーが、水面を軽やかに滑るような動きに変わります。

最後尾の抑えが効かず、まるでドリフトするように大きく広く横滑りしていきます。

今まで見たことのない、新しいポッパーの動きを発見できますよ!

バスに気づいてもらう工夫になるかも!

広範囲に水面をかき回したことで、バスに気づいてもらう機会が増えます。

フックがひとつ減っているにも関わらず、残ったフックにしっかりバスは食いついてくることもあります!

バスのいないところで釣りをするよりも、小さな工夫や気付きで状況が変わるかもしれませんよ。

一度トライしてみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング