ネット 写真

オールインワンミニは2019年新発売のコンパクトでショートレングスなランディングネット!

FISHING JAPAN 編集部

プロックスから2019年新発売となるオールインワンミニは、ショートサイズのランディングネットです。

携帯に便利で、すぐに取り出して使えるのが嬉しいですね。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

オールインワンミニってどんなランディングネットなの?基本情報はこちら!

オールインワンミニは、釣り場で欠かせないランディングネットです。

サイズは、伸ばしたときの長さが3.38メートル。

縮めた携帯状態で、45センチとかなりショートになります。

自重は、725グラムととても軽い仕様です。

オールインワンミニにはラバーコーティングされたネットが標準装備!

このランディングネットには、ラバーコーティングされたネットが装備されています。

軽量ですから扱いやすく、魚に優しいのが特徴です。

リリースサイズの魚が釣れてしまったら、できる限り傷めずに逃がしてあげたいですからね。

オーバル型のアルミ枠とタモジョイントを搭載!

オールインワンミニには、オーバル型のアルミ枠とタモジョイントが搭載されています。

タモジョイントによって、枠を折りたためるようになっていますよ。

必要なタイミングでたたんだ状態から、素早くランディング動作へ移れます。

タモホルダーで携帯ラクラク!

このランディングネットには、タモホルダーが付いています。

ゲームベストやベルトにセットしやすいなホルダーで、移動するときにとても便利です。

ランディング時にはすぐに取り出せますから、あわてずに魚を取り込めるでしょう。

オールインワンミニの枠サイズは、33.5×38センチでオーバル型です。

玉ノ柄は、10本継ぎになっていて、カーボン素材90パーセントで作られていますよ。

アクティブに動きながら釣りをしたい人には、とても適しているランディングネットだといえるでしょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング