ルアー 写真

ライザーベイト007Rに2019年追加カラーが仲間入り!POLホログラムでリアルさ際立つ!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから発売中のライザーベイト007Rに、2019年追加カラーが登場します。

POLホログラムによるリアルさを追求したカラーで、見る角度によって色合いに変化が生まれますよ。

その特徴や製品カラーラインナップ、デモンストレーション動画をチェックしてみましょう。

ライザーベイト007Rってどんなルアーなの?基本スペックはこちら!

ライザーベイト007Rは、水面で操るルアーなのにシンキング仕様になっています。

その理由は、リアルな小魚サイズのルアーを遠くへ飛ばして、広範囲を探れるようにするため。

シンキングということは、通常よりも重くなっています。

その重量があるからこそ、届く範囲も広がるのです。

ただし、このルアーはそれだけのためにシンキングになっているのではありません。

ライザーベイト007Rは着水後のリトリーブで一気に浮上!

実際にこのルアーをキャストしてみると分かるのですが、着水後リトリーブを開始すると、一気に浮上して水面を攪拌し始めます。

その強い水押しアクションは、集魚効果を格段にアップしてくれますよ。

遠くへ飛び、一気に浮上するための前方に突き出たリップも個性的ですし、ただ巻きするだけでバスが襲いかかってくる仕組みにも驚かされます。

ルアーの自重が水をしっかり下に押していることで、これまで見たことのないトップウォータールアーの動きをしてくれるのです。

全長と自重をチェック!

ライザーベイト007Rのサイズは、全長70ミリで自重8.2グラム。

コンパクトなボリュームにも関わらず、水の攪拌を激しく効率よくおこなってくれますよ。

この相反する組み合わせが、バスの捕食意識を刺激するのかもしれませんね。

シンキング仕様のトップウォータールアーといえば・・・

元々トップウォータールアーは、フローティング仕様のものがほとんどでした。

唯一バズベイトがシンキングとして有名でしたが、バズベイトのフォルムは小魚とは言い難いものです。

このライザーベイトの出現で、新たなルアーカテゴリーが生まれたくらいのインパクトを感じている人も多いでしょう。

ぜひ釣り場で実際に使って、その効果を体験してもらいたいですね。

ライザーベイト007Rには、2019年に3種類のカラーが追加されます。

●POLレイクオイカワカラー

●POLステルスライムカラー

●POLスケルトンワカサギカラー

見る角度によってカラーが変わるというのは、リアルさそのものでしょう。

この新しいカラーを早くフィールドで試してみたいですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング