シマノのクーラーボックスのアップ写真

シマノのクーラーボックス徹底特集!釣りやキャンプでは保冷力が決め手!

FISHING JAPAN 編集部

シマノは、日本を代表する総合釣具メーカーですから、釣りをしているアングラーなら誰もが知っていますよ。

世界的にみると、ロードバイク=自転車のギアや関連パーツメーカーとしても、大きな支持を受けていますね。

ユーザーが多いということは、それだけたくさんの注目を浴び、新しい製品が望まれる立場にあるということ。

そのシマノが、釣りに活用するためのクーラーボックスも製作しているのをご存知ですか?

当然他の製品と比較しても、徹底した工夫と新しい機能が豊富に盛り込まれているはずです。

どのようなクーラーボックスがラインナップされているのか、おすすめの機種も含めて詳しくチェックしてみましょう。

シマノのクーラーボックスは頑丈で耐久性が高い!

シマノのクーラーボックスは、シンプルなデザインとカラーリングが印象的ですが、とても頑丈で耐久性が高いのが特徴です。

例えば、上フタにそのままアングラーが座って、釣りができてしまうクーラーボックスもありますよ。

そういう強度は、内部にしっかりしたリブを走らせて、剛性を上げているから引き出せるのです。

クーラーボックスは、防波堤や磯場にドンと置くケースがひんぱんにあるわけですから、カンタンに壊れてしまうような剛性では役に立ちません。

現場の声に耳を傾けて情報を吸収しながら、強いクーラーボックスに仕上げているわけです。

シマノのクーラーボックスは保冷力が高い!

シマノのクーラーボックスは、保冷力が高いことでも知られていますよ。

釣りに使用するシチュエーションに合わせて、保冷力の高いモデルを用意してあるので、用途に合わせて購入することができます。

発泡スチロールや発泡ウレタン・真空パネルなどを用いて保冷力を上げているので、どの保冷材が使われているかを事前に確認してから購入するようにしましょう。

最もよく冷えるといわれているのが、全面を真空パネルで覆っているタイプになります。

人気の10Lモデルから大容量モデルまで、数多く揃っていますから、じっくり選んでみましょう。

シマノのクーラーボックスのフタに注目!

シマノのクーラーボックスは、その頑丈なフタに注目してください。

なんと、左右どちらにも開けられるタイプがラインナップされています。

これなら釣り場で着座した位置のどちらからも、フタを開けて使うことができますよね。

また、フタそのものを完全にボディから取り外せるタイプもあります。

釣りから帰宅して、クーラーボックスを洗浄したいときに重宝するでしょう。

シマノのクーラーボックスに付いているレバー機能に注目!

シマノのクーラーボックスに付いているレバーは、カンタンにフタを開けられるように工夫されています。

具体的には、レバーに手を添えて引っ張るだけで、フタが開く仕組みになっています。

また、フタを締めるときも、ワンタッチで自動的にフタが締まりますよ。

レバーに最後まで手を添えておく必要がないのは、ありがたいですね。

釣り場では魚も含め、さまざまなものを手に持っている機会が多いですから、ワンタッチで稼動できる仕組みは、便利さを高めてくれるでしょう。

シマノのクーラーボックスのコスパをチェック!

シマノのクーラーボックスは、その高い性能のために他ブランドと比較すると、少し価格が高くなっています。

ただし、強度・保冷力はバツグンですし、ロッドホルダーなどのオプションパーツの取り付けも可能ですから、長く釣りで使い続けることを考えれば、おすすめ度は高いといえるでしょう。

購入後もきちんと洗浄・メンテナンスを続けることで、いつまでも機能を保持しながら使い続けることが可能になります。

じっくり選んで、自分の釣りスタイルに合ったシマノのクーラーボックスを見つけてください。

シマノのクーラーボックスのおすすめ機種はこちら!

シマノのクーラーボックスから、おすすめの機種をピックアップしてみました。

人気のスペーザホエールやスペーザベイシスや、小型軽量モデル・大容量モデルまで、さまざまな釣りやキャンプスタイルなどに合わせることができます。

カラーやデザインにもこだわりながら、チェックしてみましょう。

見た目がスマートなだけでなく、保冷性もよい。重さもあまりないので、女性の私でも軽く移動できます。

出典:amazon

実際にシマノのクーラーボックスの冷えっぷりを比較してみた!

シマノのクーラーボックスは、その販売価格帯から高級クーラーボックスであると認められています。

アングラーの間でも、予算の都合で泣く泣く安価なクーラーボックスに手を出してしまう人は多いでしょう。

でもその結果、入れてあった氷が短時間で溶けてしまって、釣った魚を保冷することができなかったケースもよく耳にします。

完全に溶け切って水になってしまうことはないでしょうが、釣った魚の鮮度が落ちてしまうのはツライですよね。

せっかくのマダイが、食べるときに美味しくなくなっているのは、納得できるものではありません。

ですから、過去にクーラーボックスの購入で迷ったり、実際に購入したクーラーボックスで魚の保管に失敗したことのある人は、保冷力が高いと評価されているシマノのクーラーボックスに興味津々なのです。

実際にシマノのクーラーボックスを購入したユーザーが、保冷力の異なる別のシマノ製クーラーボックスも買い足して、その性能を比較している動画を見つけましたよ。

皆さんやはり保冷力、すなわち氷の溶け具合に興味があるということでしょう。

保冷力の異なるシマノのクーラーボックスを比較してみた動画はこちら

シマノのクーラーボックスには、保冷力によって製品の呼び方を変えています。

ライトやベイシス・プレミアムなどの呼び名での違いで、カンタンにイメージできるのが嬉しいですね。

動画では中に入れた氷の溶け具合を、12時間ごとに上フタを開けて確認しています。

残った氷の重さを量りながら、その保冷力の差を見事に表現できていますよ。

このようにユーザーが積極的に製品チェックをしてくれると、メーカーとしても改善点がよく見えますから、新製品にさまざまな形で活かせるでしょう。

シマノのクーラーボックスのユーザーインプレは的確で購入の参考になる!

シマノのクーラーボックスをインプレしているユーザーは、結構多いですよ。

特にYouTubeを活用して動画で公表してくれているので、とても分かりやすいですし、ユーザーの生の声が聞けるのがありがたいですね。

ここで取り上げているのは、シマノのフィクセルプレミアム。

65時間も保冷が持続すると謳われているだけあって、動画で披露されている保冷力は圧倒的です。

さまざまな食品類が、1日経っても凍った状態で保管されているのには驚かされました。

シマノのクーラーボックス・フィクセルプレミアムをチェック

釣りやキャンプなどのアウトドアシーンにおいて、クーラーボックスがイメージ通りに便利に使えると、そこでの生活も充実してきますよ。

フィクセルプレミアムは、どちらの方向からも上フタを開けることができますから、テントの中に置いても、野外のテーブルやイスのそばに置いても扱いやすいです。

持ち運びもカンタンですから、クルマからの積み下ろしも楽におこなえますよ。

しかもよく冷えるわけですから、まさにいうことなしの機能を標準装備しているといえるでしょう。

シマノのクーラーボックスは価格に見合った機能を保持している便利アイテム!

シマノのクーラーボックスをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

保冷力や持ち運びの便利さは言うことなし!という評価を、あらゆる場面で目にしてきましたね。

ただし、価格が高いことに不満が全くないかといえば・・やはりコスパがさほど優秀ではないと思われている面は、払拭できないでしょう。

実売価格で3万円支払えば、フィクセルプレミアムが手に入ります。

これを高いか安いか判断するには、実際にフィールドでその保冷力や各種機能に触れてみるしかないでしょう。

もし1日経ってもクーラーボックスの上フタを開けたときに氷が残っていたとしたら、感動するのではないでしょうか?

氷の隣りに並ぶ飲み物が、キンキンに冷えていたら、それだけでこのクーラーボックスを買った価値を見い出せるはずです。

ぜひ釣具店の店頭で店舗スタッフの説明に耳を傾けながら、よく冷えるシマノのクーラーボックスを購入してみましょう。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング