バッカン 写真

E.G.バッカン4は2019年新発売の堅牢性と機能性を高次元融合したバッカン!

FISHING JAPAN 編集部

エバーグリーンから2019年新発売のE.G.バッカン4は、2つのサイズが用意されたバッカンです。

ロッドホルダー付きのタイプもありますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

E.G.バッカン4ってどんなバッカンに仕上げられているの?基本スペックはこちら!

E.G.バッカン4は、さまざまな釣り用タックルを収納して釣り場に持ち込めるバッカンです。

サイズは、2種類用意されていますよ。

Mサイズは、360×240×280ミリ。

Lサイズは、420×300×300ミリです。

E.G.バッカン4にはロットホルダー付きタイプも用意されている!

このバッカンには、ロッドホルダー付き仕様も用意されていますよ。

通常タイプの側面に、水はけ・通気の良いロッドホルダーが装着されています。

M(RH) には17センチの、L(RH) には20センチのロッドホルダーが付いています。

小物の仮置きに便利なハードタイプカバー

E.G.バッカン4の上フタに注目してください。

高級感のあるカーボン調のハードタイプカバーが付いています。

このフタは雨や水飛沫による水溜りを防ぎつつ、小物の仮置きが可能な形状にデザインされています。

5ヵ所の滑り止めを装備した底面

このバッカンの底面をチェックしてみましょう。

底面の5ヵ所の滑り止めを装備していて、ボートの上などで滑りにくくなっていますよ。

また、底面の保護の役割も果たしています。

E.G.バッカン4には、ロングハンドルを採用しています。

また、ハードタイプカバーをロックできるように、カバー開閉部にダブルファスナーを標準装備。

カバー前面のベルクロフラップを使えば、カンタンに仮留めができるようになっていますよ。

鯛ラバやオフショアジギングなどで、使い勝手が良さそうですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング