釣り人 男性 クロダイ 埠頭 海 青空 写真

ヘチ釣りと目印釣りの使い分けをマスターしよう!目印の落とし方で喰い気を誘う!?クロダイ落し込み釣りに効果的な目印仕掛けのアドバイスを伝授します!

FISHING JAPAN 編集部

もともと落とし込み釣りの目印仕掛けは、海面まで高さがある堤防が多かった、中京地区や関西などを発祥の地としています。

関東のヘチ釣りのように、道糸でアタリを見極めるのが難しかった高い堤防で、目印の動きでアタリを判別するために生まれた目印落とし込み釣りは、地域や状況に応じて進化を遂げるようになりました。

私の落とし込み釣りは、もともとはヘチ釣りを基本としています。

ホームグランドの神戸七防では、30年以上前から目印を使った落とし込み釣りが盛んでした。

当時の名人たちは、テレガイドの落とし込み竿に、4ヒロから5ヒロぐらいの目印を巻いて上層から底までのアタリをとっていました。

今では考えられないような長さの目印を使って、5ヒロ、止まりアタリなどという釣りをしていたのです。

この時の経験が、アタリがない時は上層だけではなく深場まで探る、という現在の神戸クロダイ人の落とし込みスタイルを生み出したのかも知れません。

それでは、目印釣りについてご紹介しましょう!

目印釣りの魅力

目印釣りの醍醐味は、盛期の上層、ハリスから1ヒロ半ぐらいまでの、やる気のあるクロダイを軽いオモリでエサを潮に乗せて、ゆるやかに落として喰い気を誘うことです。

また、オーバーハングになっている形状の釣り場で、イガイをスライドさせて奥まで届け、クロダイをひっぱり出すのもおもしろいですね。

クロダイの喰いを誘うために必要なアクションを実現するのに、目印釣りは効果的です。

ヘチ釣りよりも軽いオモリを使うことができる目印釣りは、強風時、目印を水面に置いて、風の影響をあまり受けずにアタリをとることも可能になります。

効果的な目印とは?

目印は釣り人それぞれのこだわりにより、その材質、長さ、目印のピッチなどが違ってきます。

目印に使用する糸も、フローティング系、シンキング系、PEラインなど、使う状況によっても変わってきます。

目印の材質も、ウレタン、発泡シート、リリアン糸、ビニールパイプなどがあります。

パイプに詰める材質も、バルサ材、爪楊枝、シンキング系の糸、フローティング系の糸など、多種にわたります。

現在、一般的なのは、ビニールパイプにバルサ材を詰めた目印です。

私もいろいろな目印を何百と試作しては、実釣で試してきましたが、最近はビニールパイプにバルサ材を詰めた、2m25cm前後の目印に落ち着いています。

目印のピッチも25cm前後です。

いろいろな目印を使って感じたことは、材質、スペックなど、あまり神経質に考えるのをやめたほうが良いというものでした。

肝心なのは目印の落とし方!

目印のピッチも、荒天は長めなんでしょうか?

30cmぐらいから27.5cm、25cm、22.5cm~10cm、7.5cm、5cmなど、人により多種多様です。

見やすさや好みに応じてピッチは決めていけば良いと思います。

肝心なのは、目印そのもののつくり方よりも、状況や潮に対応した目印の選択と、オモリの決定、そしてなによりも、目印のさばき方や、海面への置き方が大切です。

つまり、潮の流れ、潮のあたり方を見極め、ハリスの号数、目印糸の号数を選択することが肝要でしょう。

クロダイが喰い気をおこすエサの落ち方を作ろう!

目印を使って上層を中心に探っていく時でも、状況によって深場のアタリをとることも必要です。

道糸は、さばきの良いフロロカーボン、リールはヘチリールを使用しましょう。

目印釣りは入門にも良い釣り方です。

釣り人の皆さんも、ぜひ目印落とし込み釣りでクロダイの喰い気を上手に誘い、良型を釣り上げてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング