ケース 写真

へらロッドケース(F)は2019年新発売の機能性を追求したレインカバー付きロッドケース!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2019年新発売のへらロッドケース(F)は、さまざまな機能を搭載したヘラブナ釣り専用ロッドケースです。

ロングパッド仕様のショルダーベルトが、肩に負担をかけにくい形状になっていますね。

その特徴や製品カラーラインナップを見てみましょう。

へらロッドケース(F)の基本情報!どんなケースなの?

へらロッドケース(F)は、ヘラブナ釣りで使うロッドやタックル・小物類を整理して持ち運びするのに便利なロッドケースです。

サイズは、外寸が約14×19×130センチ。

自重は、約2.5キロになります。

へらロッドケース(F)の内部は3層構造!

このロッドケースは、内部が3層構造になっています。

その3層の幅を効率的に設定して、細部に至るまでリファインしています。

内蔵ボードやクッション材により、収納物をしっかり保護する仕組みです。

内部の両側にはウキ・仕掛ケース・小物などを収納できる多用途ポケットを大4個・小1個配置しています。

地面に接するのを抑える樹脂パーツを装備!

へらロッドケース(F)の底部を保護するために、底鋲やコーナーパーツを付けています。

釣り場で釣座に置いたときに、ロッドケースが地面に接するのを抑える樹脂パーツも取り付けられていますよ。

ロングパッド仕様のショルダーベルトで持ち運びが楽々!

ハンドルグリップは、開閉しやすい面ファスナータイプの固定式が採用されています。

また、肩ベルトを使用しないときに、その垂れ下がりを抑える固定ベルトも付いていますよ。

滑り止めの付いたロングパッド仕様のショルダーベルトになっていますから、肩にあまり負担がかかりません。

へらロッドケース(F)には、レインカバーやパラソルホルダーが標準装備されています。

カラーは2種類、レッドとネイビーブルーから選べますよ。

2019年の4月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング