ウェダー 写真

自立ヒップウェダーは2019年新発売のベルトが要らない自立ウェダー!

FISHING JAPAN 編集部

プロックスから2019年新発売の自立ヒップウェダーは、ベルト要らずでズリ落ちのない自立タイプのウェダーです。

これなら着脱もカンタンですし、動きやすそうですね。

その特徴をチェックしてみましょう。

自立ヒップウェダーの基本スペック!どんなウェダーなの?

自立ヒップウェダーは、本来ならベルトで留めるところを、ベルトなしで生地が自立する便利なウェダーです。

サイズは、7種類用意されていますよ。

3S・SS、S、M、L、LL、3L・4L、5L・6Lから選べるようになっています。

ちなみに、3S・SSで1つのサイズを表していて、22~23.5センチです。

3L・4Lは、28~29.5センチ、5L・6Lは、30~31.5センチとなります。

自立ヒップウェダーはベルトで留める必要のない生地を採用!

このウェダーには、ベルトで留める必要のない生地を採用しています。

ベルトが存在しないので、可動性が良くなっていますよ。

また、着脱がカンタンにおこなえるので、通常のウェダーより扱いやすい印象です。

オリジナルデザインのラジアルソールを装備!

自立ヒップウェダーのソールに注目してください。

汎用性の高いオリジナルデザインのラジアルソールを装着しています。

砂浜はもちろん、防波堤・河川敷・管理釣り場などでも幅広く使うことができます。

ストラップが取り付け可能なアイレットを搭載!

このウェダーには、ストラップが取り付け可能なアイレットが付いています。

ここにストラップを通して、腰の辺りに固定することができるわけです。

安心して釣り場を歩行したい人には、嬉しい仕様ですね。

自立ヒップウェダーの設定カラーは、1種類のみとなります。

●キャメルベージュカラー

2019年の5月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング