ルアー 写真

人気のトップウォータープラグ・レゼルブに2019年追加カラーが4種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

DSTYLEのレゼルブに、2019年追加カラーが登場します。

レゼルブは、2枚のウィングパーツが付いた羽根モノトップウォータープラグ。

その特徴や製品カラーを見てみましょう。

レゼルブってどんなトップウォータープラグなの?基本スペックはこちら!

レゼルブは、専用ウィングパーツで水面をソフトにかき回すトップウォータープラグです。

サイズは、70ミリで自重5グラム。

通常の羽根モノルアーより小振りに作られていますから、着水音もソフトなのが特徴です。

レゼルブのフィッシュウィングとは?

このルアーの羽根パーツは、フィッシュウィングと命名されています。

ということは、羽根をイメージしているのではなく、群れを構成する小魚そのものを表現しているのです。

バスは群れに対し、過剰なまでに反応して捕食モードに切り換わる習性を持っています。

まさにその習性を直撃するシステムなのです。

ウィングに目玉マークが付いていることで、一層小魚に見えますね。

黒いテールパーツを搭載!

レゼルブの最後尾には黒いテールパーツが付いています。

フェザーのように、しなやかにアクションしてくれますよ。

カラーが黒なのは、しっかりとシルエットを浮かび上がらせて、バスに気づかせるためです。

小魚の群れを再現!

羽根モノのトップウォータープラグといえば、昆虫を模したものをイメージしてしまいがちですが、レゼルブは違います。

小魚の群れを表現することで、他のルアーにはない集魚効果と誘い要素を付加できていますよ。

タフコンディションにこそ使ってみたくなるアイテムですね。

レゼルブの追加カラーは、全部で4種類です。

●チャートブラックカラー

●シラウオカラー

●アマガエルカラー

●オイカワカラー

2019年5月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング