メバル メバリング

これであなたも釣れちゃう!メバルプラッギングでよく釣れるようになる極意とは・・・!?

FISHING JAPAN 編集部

寒くなってくると人気のターゲットになるメバル。

メバリングをやる上で苦手な人が多いのがプラグを使って狙うプラッギング。

ワームでは釣れるけど、プラグでは釣れないんだよな…って人は必見です!

小さいメバルでもプラグで釣れるし時にはワームよりも釣れます。

ただプラグとワームでは使うタイミングが違います。

そんな狙う際のちょっとしたコツをご紹介します!

プラグを使うメリット

まずはなぜプラグを使うのか?

単純に魚を釣るだけならジグヘッドにワームをつけて投げた方が釣れるかもしれないです。

しかし、それでは獲れない魚がいるということなんです。

プラグの一番のメリットは『浮力』です!

フローティングからシンキングとタイプはありますが、シンキングであってもジグヘッドよりもゆっくり沈みます。

なぜならジグヘッドは鉛のかたまりだからです。

当たり前ですが、この沈むスピードの違いが釣果を分けるんです。

プラグだからこそ獲れる魚がいる

・水深が浅い。

・メバルがプランクトンなど流れてくるものを捕食している。

・小魚など横に動くものを追っている。

上記のような状況では特に浅いレンジをゆっくり引けるルアーが必要になります!

じゃあジグヘッドを軽くしたら?と思っても、今度はそれでは飛びません。

フロートをつけるのはメンドくさいし…

そんな時にプラグが一番威力を発揮します!

メバル用のプラグは平均して2、3gあるので飛距離も文句なしで、しかも浮力のおかげで表層をゆっくり引けます。

さらにトリプルフックでフッキングもいいです。

まさにプラグだからこそ獲れる魚がそこにいるんです!

こんな時にプラグを使う!

プラグのメリットは分かったけど、いつ投げようか?

釣ってみないとイメージしにくいかもしれません!

まずはどこでも投げる

意外と漁港の中でも普通に釣れます。

もしかしたらプラグで釣れるのに、わざわざワームで下の層を探っているのかもしれません!

ワームを投げる前にプラグでチェックしてみましょう。

石畳やゴロタ、サーフなど浅いエリアをチェック

水深が浅いところでは飛距離を出してゆっくり誘いたい時にまさにプラグにうってつけなんです。

メバルが表層でライズしている

特に春頃にはいたるところで、メバルがパシャっと何かを捕食しているのを目にします。

そうなればヒットゾーンは完全に表層になります。

ジグヘッドは手前の魚しか釣れませんが、プラグなら沖の魚まで根こそぎ釣れちゃいます。

目指せプラッギングマスター

イメージできましたでしょうか?

プラッギングをマスターすることでまだまだ釣れるメバリング!

この機会にプラッギングのおもしろさを体感しましょう!!

関連商品をアマゾン商品レビューでチェック

アムズデザイン(ima) ルアー sasuke SF-50 セグロキャンディー #X4144

アムズデザイン(ima) ルアー sasuke SF-50 セグロキャンディー #X4144

参考価格:¥1,410

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング