ルアー 魚 写真

ハードコア シャローランナーは2019年新発売の磁着タングステン×ニューマグネット重心移動を搭載したミノー!

FISHING JAPAN 編集部

2019年デュエルから新発売のハードコア シャローランナーは、最大潜行深度60センチに設定されているリップレスミノーです。

河口域などのシャローエリアにいるシーバスや、サーフに潜むヒラメを狙うのに使ってみたくなりますね。

その特徴をチェックしてみましょう。

ハードコア シャローランナーの基本スペック!どんなミノーなの?

ハードコア シャローランナーは、フローティング仕様のリップレス=リップのないミノーです。

サイズは、2種類。

90ミリと120ミリが用意されています。

90ミリのほうが自重10グラム、120ミリのほうには自重設定が2つあります。

ハードコア シャローランナーの120ミリタイプには2つの仕様が!

このミノーの120ミリタイプには、2つの仕様が用意されています。

H2タイプは、自重21グラムでフックが2個セット。

太軸の2番トレブルフックになっていて、大物対応になっていますよ。

H3タイプは、自重17グラムでフックが3個。

ショートバイトも確実に拾えるセッティングが施されています。

磁着タングステンボールを搭載!

ハードコア シャローランナーには、磁力の伴なった磁着タングステンボールが搭載されています。

これにより新しい重心移動システムが構築されているわけです。

ニューマグネット重心移動システムを採用!

キャストしたときは、ボディの最後尾までウェイトが移動します。

これにより大きな飛距離を発生させるようになっています。

スイミングするときは、腹部の超強力マグネットとウェイトホールドカップによって、確実にウェイトを固定しますよ。

そうやって安定したスイミング性能を持つことができるわけです。

ハードコア シャローランナーには、全部で12種類のカラーが用意されています。

90ミリタイプとH3タイプは、2019年3月に発売予定。

H2タイプは、2019年4月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング