ルアー 写真

人気のスピンウォークQRがフルモデルチェンジ!2019年新発売モデルのスペックをチェック!

FISHING JAPAN 編集部

パームスのスピンウォークQRがフルモデルチェンジして、2019年新発売されることになりました。

インラインブレードを搭載したハイレスポンスのスピナーとして人気が高いですよね。

どんなふうに変更されたのか、カラーも含めてチェックしてみましょう。

スピンウォークQRってどんなスピナーなの?基本スペックはこちら!

スピンウォークQRは、主に渓流トラウトをターゲットにしたスピナーです。

設定ウエイトは、3種類。

2.9グラム・4.7グラム・6.5グラムの中から選んでください。

表層は軽いほうが得意ですが、ロッドを立てたり寝かせたりすれば、さまざまな層をトレースできるでしょう。

スピンウォークQRにはバーブレスフックが標準装備!

このスピナーには、バーブレスフックが標準装備されています。

刺さりはこちらのほうが良いでしょうし、リリースする目的で釣るのなら、バーブがないほうが魚体をあまり傷めないことにつながります。

釣りをこれからも末永く楽しむための工夫といえるでしょう。

インラインブレードを搭載

スピンウォークQRには、インラインブレードが搭載されています。

ブレードに穴が空いていて、そこに直接ボディワイヤーが貫通している状態ですね。

これにより、着水即ブレード回転がスタートする、クイックレスポンスを得ることができます。

カバー周りのピンポイントを狙うとき、すぐに回転を始めてくれるブレードなら、トラブルレスで魚を振り向かせるのも早いでしょう。

ウエイトパーツに注目!

このスピナーのウエイトパーツは、低重心で安定感を発生させる形状を採用しています。

下側に回り込むようになっていますから、障害物に引っ掛かりにくくなっていて、フックをガードしてくれる効果が得られますよ。

また、ボディワイヤーが貫通しているので、左右に揺れて魚を誘うこともできます。

スピンウォークQRには、合計9種類のカラーが用意されています。

シルバー・ゴールド・ブラックをベースに、朱色のボールビーズなどで魚を誘ってくれますよ。

渓流トラウトだけでなく、さまざまな魚種をターゲットにできそうですね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング