リール 写真

キワベイトは波止の際やテトラの穴釣りに適した小型両軸リール!

FISHING JAPAN 編集部

プロックスから発売中のキワベイトは、波止やテトラのあるエリアで仕掛けを際に落として魚を釣るのに適した、小型両軸リールです。

コンパクトサイズですから、パーミングしやすくて扱いやすいですよ。

その特徴をチェックしてみましょう。

キワベイトってどんな両軸リールなの?基本スペックはこちら!

キワベイトは、港内の穴釣りなどに適した小型両軸リールです。

自重は、183グラム。

ボリュームはかなりコンパクトで、ロッドにセットしても手のひらでしっかり包めるほど。

ハンドルタイプは右巻きのみの設定です。

キワベイトは握りやすいロープロファイルデザイン!

この両軸リールは、姿勢を低くデザインしたロープロファイルタイプです。

丸型リールと違って、パーミングしたときの親指があまり開きません。

これにより手首の関節に自由度が生まれて、柔軟にロッドワークできるメリットが発生しますよ。

L字型クラッチを採用!

キワベイトのクラッチ部分を見てください。

L字型にデザインされていて、親指のみでクラッチのオン・オフ切り替えができるようになっています。

魚のアタリに素早く対処するための工夫ですね。

クイックスプールチェンジシステムを搭載!

この両軸リールには、クイックスプールチェンジシステムが搭載されています。

リールの側面がカンタンに取り外せるので、スプール交換をスムーズにおこなうことができますよ。

ラインの太さを素早く換えたいときに重宝しそうですね。

キワベイトはギア比6.0対1、ハンドル1巻きで66センチのラインを巻き取ることができます。

糸巻き量は、ナイロンライン3号で50メートルになっています。

最大ドラグ力は、2キロに設定されていますよ。

必要十分な機能で、波止での釣りを大いに楽しませてくれるでしょう。

岸壁の際に立っておこなう釣りですから、安全最優先でお願いします。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング