ケース 写真

紅牙タイラバケースAMは2019年新発売のみっぴちゃん監修タックルケース!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ダイワより新発売の紅牙タイラバケースAMは、遊動式のタイラバヘッドやスカートパーツを収納するためのハードケースです。

人気アングラーの秋丸美帆さんがデザイン監修したもので、とても可愛く仕上げられていますよ。

その特徴やデモンストレーション動画をチェックしてみましょう。

紅牙タイラバケースAMの基本スペック!どんなケースになっているの?

紅牙タイラバケースAMは、タイラバゲームを楽しむための各種パーツを収納する専用ケースです。

サイズは、横255×奥行き190×深さ40ミリ。

かなり大き目ですから、じゅうぶんにパーツ整理ができそうですね。

紅牙タイラバケースAMは中通しヘッドやスカート・フック全てを1つに収納可能!

このケースには、タイラバで用いる中通しヘッドやスカート・フック全てを1つのケースに収納する目的で作られています。

1つにまとめることで、釣り場で探したりなくしたりすることから解消されますよ。

ヘッドは2列、その他ユニット2列を間仕切りで構成しています。

仕切板で収納スペースを自由自在に組み換えできる!

紅牙タイラバケースAMは、仕切板を用いて収納スペースを自由自在に組み換えできるようになっています。

加えて、収納するヘッドのサイズによって自由に変更可能な仕切り板が、12枚も付いていますよ。

自分が使いやすいケースに仕上げられるのは嬉しいですね。

衝撃吸収用のマットを2枚装備!

このケースには多少の衝撃でもヘッドが動きにくいように、専用のマットが2枚付いています。

釣り場へは多くのタックルを持ち込むことになりますから、個々のパーツが安定して持ち運べるというのはメリットが大きいですね。

紅牙タイラバケースAMは、メーカー希望販売価格が2,300円です。

可愛いカラーリングが施されていて人気が高まるはずですから、別のサイズもバリエーションに加えてほしいですね。

2019年3月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング