ルアー 写真

シケイダーオリジンマグナムは2019年新発売のひと回り大きなノイジールアー!

FISHING JAPAN 編集部

ティムコから2019年新発売となるシケイダーオリジンマグナムは、昆虫のセミに似た羽根モノルアーです。

その羽根パーツが、ソフトな樹脂素材でできていますよ。

詳しい特徴やカラーについてご紹介しましょう。

シケイダーオリジンマグナムの基本スペック!どんなルアーなの?

シケイダーオリジンマグナムは、左右両側面にソフトな羽根=ウィングパーツが付いた、トップウォータールアーです。

サイズは、オリジナルよりひと回り大きい45ミリ。

自重も増えて、6グラム。

これならベイトフィネスタックルで、長めの距離をキャストできますね。

シケイダーオリジンマグナムのウィングパーツに注目!

このルアーのウィングパーツを見てください。

折りたためる仕組みになっているので、キャストするときの風圧をかわせますよ。

着水後は水圧がかかって、左右に大きく開きます。

これにより、まるでクロールしながら泳いでいるかのように、パタパタと水飛沫を上げながら水面を移動することができるのです。

柔らかい波紋と音を発生!

シケイダーオリジンマグナムが起こす波紋は、ソフトウィングの効果と相まって、柔らかい音を伴なったものになるということです。

バスは音に興味を持ち、それが発生するポイントへ移動してきます。

そのとき、強過ぎる刺激だとターンして離れてしまう可能性がありますから、音質はとても重要なのです。

当然着水音も、静かなほうがバスに見切られにくいでしょう。

羽根モノルアーの役割とは?

トップウォータールアーにおける羽根モノの役割は、広範囲からバスを集めることと、ピンポイントに潜むバスを引き出すことが挙げられるでしょう。

相反するようにも見えますが、どちらの役割も担えるルアーというのは、それほど多くはありません。

バスに与える刺激を優しくして、何度アプローチしてもスレないのであれば、それは使い勝手のいい最良のルアーと呼べるかもしれませんね。

シケイダーオリジンマグナムには、9種類のカラーが用意されています。

どれもリアルな昆虫そのもので、そこに魅力的なアクションが加われば、バスはバイトせずにいられないでしょう。

2019年5月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング