岩場 海 釣り人 写真

沖の小島や岩礁で釣りを楽しもう!天候次第で予定変更あり!?瀬渡し船の予約方法から当日のイレギュラーな事態まで、瀬渡し体験の心得をお教えします!

FISHING JAPAN 編集部

瀬渡しとは、徒歩では行けない釣り場まで、小型の船に乗せてもらって渡ることですね。

釣り人の皆さんの中には、体験したことがあるという方もいるかと思います。

今回は、瀬渡し船の乗り方や注意点について、ご紹介したいと思います!

瀬渡しって船釣りとどう違うの?

沖の離れ小島や、海面に孤立している岩礁など、干潮でも歩いていけないような場所で釣りをしている人を見かけたことがありますよね。

そういった特殊な場所へ、小型のボートで連れて行ってもらうことを瀬渡しと言います。

船釣りは、船に乗せてもらってそのまま船の上から釣りをするのに対して、瀬渡しは目的地に移動した後、船から降りてその場で釣りをします。

瀬渡し船の予約方法

瀬渡し船は、専業の渡船屋さんによるもの、漁師さんがやっているもの、民宿や船宿が行っているものなど、いろいろなケースがあります。

釣り雑誌やインターネットで調べたり、釣具屋さん等で情報を集め、目的に合った瀬渡し船を予約しましょう。

瀬渡し船は、時刻表があって定期的に運航している船とは違って、お客がいる時だけ人を乗せて航行します。

行き先も、その日の天候などの状況によって変わる場合があるので、気をつけて下さいね。

瀬渡し船で釣り場へ行く際の注意点

当日の天候によっては、船が出ないこともあります。

また、目的地に着いた後でも、天候が悪くなってきた場合は予定より早い時間でも迎えが来る場合があります。

船頭さんの指示に従いましょう。

降りる場所を選択できるかどうかは、渡船屋さんによっても異なります。

基本的に、磯で釣る場合は早い者勝ちです。

朝早く出航できるか、確認しましょう。

船を安全に乗り降りするコツ

船の乗り降りは、素早く冷静にしましょう。

さっと飛び移るように渡るのがコツです。

ゆっくりとまたぐような動作で乗り降りしようとすると、船体が動いてバランスが崩れ、落水することもあります。

重い荷物は手に持って乗降しようとせずに、手渡しで渡す方が良いですね。

釣り場から帰る際、片づけは時間に余裕を持って行い、船が迎えに来たらすぐに乗り込めるように、事前に荷物まとめておきましょう。

小型の船で目的地へ運んでもらい、岩礁や小島で釣りをする瀬渡しは、釣り人の間でも人気です。

釣り人の皆さんも、船の上では船頭さんの指示に従い、天候に気をつけながら事故のないように釣りを楽しんでくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング