ワーム 写真

ブラックアウトクローは2019年新発売の全パーツ駆動型クローワーム!

FISHING JAPAN 編集部

ティムコより2019年新発売されるブラックアウトクローは、フォール時に全パーツが駆動するバス釣り用ワームです。

こんなにたくさんのパーツが一斉に動けば、バスに見つけてもらいやすくなるでしょう。

その特徴をピックアップしてみました。

ブラックアウトクローってどんなワームなの?基本スペックはこちら!

ブラックアウトクローは、バス釣り用のクロー系ワームです。

サイズは、4インチ。

2本の長いヒゲと1対のバイブラアーム、3対のレッグで構成されています。

これら全てが一斉に駆動しますから、バスが興味を示さないわけがないですよね。

ブラックアウトクローの長いヒゲに注目!

このワームの長いヒゲに注目してください。

全体に細かなリブが刻まれていますので、しっかり水をつかんでくれます。

それが着底後、ゆっくりとボディの後を追うように倒れ込んでいきますよ。

このザリガニが前方へツメを降ろしていくようなアクションが、バスにとても効くのです。

バイブラアームで水を攪拌!

ブラックアウトクローのアームを見てください。

カーリーテールとまではいきませんが、湾曲していて薄い構造になっています。

これがフォール中に水をつかみ、ヒラヒラ・ブルブルとバイブレーションするのです。

ハイブラアームと名付けられた理由は、そのアクションから来たものです。

複数のシャッドテール状レッグが生命感を生み出す!

3対の小さなレッグの先は、シャッドテール状にデザインされていますよ。

これによりフォール中の水を受けて、ピリピリと小刻みなアクションを発生させます。

合計6本もレッグがあるので、それぞれのアクションが合わさって、生命感につながるような波動を生み出してくれるでしょう。

ブラックアウトクローのデザインは、細部に渡って工夫されていますよ。

例えば、オフセットフックをリグるときに、その位置を確定しやすいセンターラインや、ハリ先を隠すスリットなどがきっちり設けられています。

これなら濃いカバーに撃ち込んでも、安心して操作できますね。

2019年5月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング