ルアー 写真

定番のクリスタルSに2019年追加カラー「ブリーディングカラー」が4種類登場!

FISHING JAPAN 編集部

定番アイテムとしてバスアングラーから支持を得ているノリーズのクリスタルSに、2019年追加カラーが仲間入りします。

ブリーディング=ケガをして出血している、もしくは傷んでいる小魚を模した、4種類のカラーです。

このスピナーベイトの特徴をチェックしてみましょう。

クリスタルSってどんなスピナーベイトなの?実釣インプレッション

クリスタルSは、コロラドブレードとウィローリーフブレードを装備したスピナーベイトです。

この組み合わせをタンデムウィローと呼びますが、よく用いられるダブルウィローリーフタイプより、あらゆる層をゆっくり引けるイメージがあります。

設定ウエイトは、3/8オンスと1/2オンスです。

クリスタルSに搭載されたタンデムウィローリーフのメリットとは?

実釣において、ずいぶん長い期間に渡って使用しています。

タンデムウィローのメリットは、フラッシングによる集魚効果をそのままに、ゆっくりリトリーブできることでしょう。

手元でブレードの回転を感じ取れるのは、このVブレードのおかげかもしれません。

回転にメリハリがあり、クリアウォーターで使っていれば、水上からでも一定の間隔でフラッシュしてくるのを目視できます。

この一定の間隔というのが、キモのように感じています。

独自のフラッシング効果を実感!

クリスタルSのフラッシング効果には、際立ったリズムがあります。

フラッシングが強いな!と感じるターンが、定期的に発生するのです。

たぶんウィローリーフの回転そのものが安定していて、それを阻害する要素が載せられておらず、回転を維持できるようにアームのバランスやコロラドブレードによる圧、取り付け位置などにじゅうぶんな配慮が成されているからでしょう。

ヘッド形状に注目!

それからヘッドの形状にも注目してください。

スイミングさせたときの安定感は、このスピナーベイトの大きな特徴のひとつです。

それがブレードの回転を支えているでしょうし、カバーやストラクチャーに引っ掛かりにくいウィードレス性能も高めているのでしょう。

水を割くのではなく水に溶け込むイメージで、このスピナーベイトを使えるのは嬉しいですね。

クリスタルSに4種類のカラーが追加されます。

どれも存在感のあるもので、インパクトの強いカラーで攻めたいときに使えるでしょう。

定番のホワイト系と絡めて、しっかりローテーションをしながらバスを追い詰めたいものです。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング