ルアー 写真

シケイダーオリジンは2019年新発売のソフトウィングノイジールアー!

FISHING JAPAN 編集部

2019年ティムコから新発売となるシケイダーオリジンは、ソフトなウィングパーツの付いたノイジールアーです。

どこから見てもセミっぽいですよね。

その特徴や製品カラーについてチェックしてみましょう。

シケイダーオリジンってどんなルアーなの?基本スペックはこちら!

シケイダーオリジンは、ウィングパーツの付いたフローティング仕様のルアーです。

全長は35ミリで、自重は4グラム。

ということは、スピニングタックルがベイトフィネスタックルで操ることになりそうですね。

シケイダーオリジンには左右にソフトなウィングを装着!

このノイジールアーには、左右両側面にウィングパーツが付いています。

ソフトな樹脂で作られているので、キャストしたときに岸や障害物に触れたとしても、カンタンには破損しません。

しかもパーツ重量が軽く仕上がっているのでレスポンスが素早く、まさに小さな昆虫が水面に落ちてもがいている様子を復元・演出できているのです。

落下昆虫に似せて広範囲を攻めよう!

シケイダーオリジンは、キャスト時にウィングをたたむ構造になっているので、飛距離が伸びます。

それにより広範囲を探ることができますから、バイトのチャンスが拡大しますよ。

オーバーハング下では、足を滑らせた落下昆虫が発生しやすいですから、重点的に攻めたいですよね。

カエルと絡めたアプローチを展開しよう!

セミは夏の昆虫ですから、このルアーも夏向きかというと、そうではありません。

春先には冬眠から覚めたカエルなどが、池に浮かぶようになります。

それらが捕食対象にしている落下昆虫を表現しているので、カエルのそばにはバスも潜んでいると考えられます。

食物連鎖に絡めたアプローチを展開できるでしょう。

シケイダーオリジンには、全部で9種類のカラーが用意されています。

昆虫っぽいものから、よく目立つ膨張色まで揃っていますよ。

ローライトコンディションでも安心してロングキャストできますね。

2019年5月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング