ジグヘッド 写真

アジングに使うジグヘッド特集!さまざまなヘッドやフック形状をチェックしてみた!

FISHING JAPAN 編集部

アジングではジグヘッドにワームをセットした、ジグ単によるアプローチが盛んです。

シンプルなリグですから、とても扱いやすいですし、さまざまなジグヘッドが用意されているので、選ぶ楽しみが膨らみます。

ここでは、アジングに使うジグヘッドについて、詳しくご紹介しましょう。

アジング用ジグヘッドにはさまざまなタイプが!

アジング用ジグヘッドには、矢じりのように先端の尖ったタイプや、昔からお馴染みのラウンド=丸型タイプ、それから立体アイを装着したコスメタイプなどがあります。

ここでは矢じりタイプとラウンドタイプをピックアップすることにします。

矢じりタイプのジグヘッド

アジングジグヘッドの矢じりタイプは、その尖った形状から水中でダートしやすい特徴を持っています。

ダートアクションは、アジにバイトを誘発させる要素を含んでいますから、釣り人自ら仕掛けていきたいときに重宝するでしょう。

ラウンドタイプのジグヘッド

ラウンドタイプのアジングジグヘッドは、フォールにもスイミングにも対応可能な、オールマイティな要素が好まれています。

底までフォールさせても、ロッドティップを軽くあおるだけで根掛かりを外せる率が高く、とても扱いやすいといえるでしょう。

初心者の人には、こちらにワームやスナップをセットしてキャストすることをおすすめします。

アジングにおすすめのジグヘッド①矢じりタイプ

まずはアジングジグヘッドの矢じりタイプから並べてみましょう。

さまざまな形状やウエイトが発売されていますよ。

1種類に絞り込むのではなく、いくつも実釣で使ってみることで、自分のお気に入りを見つけていくようにしたいものです。

カラーもソリッドやグロー系などがありますから、色々使ってください。

そして必ず確かめてほしいのが、ロッドを縦方向にジャークしながらのジグヘッドのアクションです。

どれくらいの幅でダートを繰り返すのか、ラインと絡み付かないか、などなど詳細にチェックしましょう。

水温が低く、周りの人も全くアタリなし。試しに使用すると25cm、23cmと連続ヒット。
また買います。

出典:amazon

アジングにおすすめのジグヘッド②ラウンドタイプ

次にご紹介するアジングジグヘッドが、ラウンドタイプです。

丸みを帯びたこのジグヘッドは、攻める水深に関わらずとても扱いやすいので、初心者の人におすすめですよ。

コスパ優秀なジグヘッドが多いですから、軽いものから重いものまで数種類用意して、釣り場に出かけるようにしましょう。

底まできっちりフォールさせる練習を繰り返してください。

そのうちに底に到達するまでにラインが動きます。

それがアジのアタリだと判断して、フッキングしてみましょう。

ロッドの振り上げが強過ぎると、アジのアゴ部分だけが釣れてくるかもしれませんよ。

そういうアプローチを繰り返しながら、アシングに慣れていくようにしましょう。

ワームを刺すのがスムーズでフッキングも良いです。針が細いので強度が心配でしたが不満はないです。

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング