ルアー 写真

マゴチ釣りにおすすめのルアーはどれなの?釣れる季節やポイントもチェック!

FISHING JAPAN 編集部

マゴチは、砂底や泥底などに棲んでいる肉食性の魚です。

ヒラメをサーフで釣っていると、先にマゴチが掛かってしまうくらい、居場所が似通っていますよ。

船釣りで片天秤仕掛けを駆使しながら、アタリを読む釣り方で楽しまれてきましたが、ここではルアーを使ったショアからのマゴチ釣りについてご紹介します。

冬の水温が下がる時期には、砂に潜ってしまうことがありますが、それ以外の時期なら活発にルアーを追ってくれるでしょう。

マゴチを狙うなら河口域を攻めよう!

マゴチの棲み処を詳しくチェックしてみましょう。

砂底や泥底を好むのは間違いないのですが、やはり捕食対象の小魚がいないとマゴチも寄り付きません。

まずおすすめなのが、河口域です。

ここは上流から流れてくる小魚が多く、マゴチの好む砂・泥も豊富です。

底の地形変化に沿って、ミオ筋周りや橋げた周辺などを丁寧に探ってみましょう。

離岸流が発生しているところもマゴチ釣りに最適!

サーフで発生する離岸流のあるところも、マゴチの棲み処に適しているといえるでしょう。

サーフでは、岸際のラインと平行に流れが生まれますが、離岸流が発生しているところでは、岸から沖に向けて流れます。

それによって作られる地形変化などに、マゴチが身を隠すとイメージしてください。

ルアーを丁寧にその際辺り目がけて通せば、思わず食い付いてくれるかもしれません。

マゴチ釣りを湾内や港内の深場で実践してみよう!

流れはあまりないものの、実は湾内・港内で水深のあるポイントに、マゴチが集まっていることがあります。

現地の漁師さんに尋ねると、以前その真上にはイケスがあったとのこと。

ということは、それをつなぎ留めておくブラインドアンカーが沈みっぱなしになっていたり、イケスの魚にあげていたエサ類が沈んで堆積していたりと、小魚の寄りどころになっている可能性が高いのです。

港には砂地や泥の溜まっていることが多いですから、そういった要素が複合すると、マゴチが好む環境ができあがっていても不思議ではないでしょう。

マゴチ釣りにおすすめのルアー①メタル系バイブ&ジグ

マゴチ釣りにおすすめのルアーとして真っ先に挙げたいのは、メタルバイブやメタルジグです。

底まですぐに落とし込めますし、そこからリフト&フォールで誘い出すことが可能になります。

重めのウエイトで遠投もできますから、広範囲を効率よく探るのに向いていますよ。

そのまま置いておくと砂地にめり込んでしまうので、常に動かすことを意識しましょう。

定番カラーは、必須です。このルアーのこのカラーは、一投目に投げて、釣れることが多いです。

出典:amazon

マゴチ釣りにおすすめのルアー②ジグヘッド+ワーム

次におすすめしたいのが、ジグヘッド+ワームです。

さまざまなマゴチ・ヒラメ用ワームがリリースされるようになって、選択の幅が拡大していますよ。

グロー系カラーが多いのは、マゴチに気づいてもらいやすくするため。

水深が深ければ深いほど、目立つカラーに寄せてローテーションしてみましょう。

ショアから、11月中旬〜12月の1.5ヶ月の約10回の釣果です。とにかくこんなに釣れるルアーはかつてありません。ワームを80〜90m先まで飛ばせて、探れるハイブリッドルアー!

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング