ジグヘッド 写真

サブマリンヘッドはフッキングレスポンス・フォール姿勢・手返しの良さを兼ね備えたアジング専用ジグヘッド!

FISHING JAPAN 編集部

ヤマリアからリリースされているサブマリンヘッドは、アジング専用に作られたジグヘッドです。

バーブレスでやや上向きに開いているフック形状が、確かな個性の存在をアピールしていますね。

その特徴やデモンストレーション動画をチェックしてみましょう。

サブマリンヘッドってどんなジグヘッドなの?基本情報はこちら!

サブマリンヘッドは、アジング専用に作られたジグヘッドです。

フックサイズは、6番と8番の2種類。

6番のほうが、ややロングシャンクになっていますから、アイとハリ先の間が開いています。

サブマリンヘッドのウエイト設定

このジグヘッドには、0.3グラムから2グラムまで、ウエイト設定されていますよ。

ただし、0.3グラムの設定があるのは8番フックのみ。

2グラムの設定は、6番フックのみですから注意してください。

ヘッドの素材はスズ!

サブマリンヘッドのヘッド部分は、スズでてきています。

スズは、鉛やタングステンより比重が低いことで知られていますよ。

ということは、同じボリュームのヘッドデザインなら、スズを用いるほうが体積や表面積を大きく広く取ることができるのです。

当然水の当たりは強くなり、スイミングさせると手元にしっかり水をつかんでいることが伝わってきますよ。

それが一定の層をトレースするような、中層スイミングのアプローチに多大な効果を発揮してくれるのです。

フリーフォール時の姿勢も安定するでしょう。

手返しの良いバーブレスフック!

細部をチェックしてみましょう。

ハリ先がやや上を向いてバーブレスなので、瞬間でフッキングに至らしめることができます。

刺さりの邪魔になる要素を徹底排除しているわけです。

バーブがないので、手返しも良くなるのは間違いありませんね。

サブマリンヘッドには、ワームキーパーが付いています。

しかもそれは夜光のストローキーパーになっているので、ワームをセットしやすく、発光してバイトマーカーの役割も果たしてくれます。

釣れる時合いを逃さないための工夫が満載されていますから、ぜひあなたのアジングシーンで活用してみてくださいね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング