ロッド 写真

大魔神棒は2019年新発売のオフショアジギング専用スピニングロッド!

FISHING JAPAN 編集部

2019年プロックスから新発売される大魔神棒は、オフショアジギング専用のスピニングロッドです。

船からこのロッドを使って、沖合いのブリ・カンパチを狙ってみましょう。

詳しい特徴をご紹介します。

大魔神棒ってどんなロッドなの?基本スペックはこちら!

大魔神棒は、人気のオフショアジギングを楽しむためのスピニングロッドです。

設定機種は、3種類。

長さはどれも6フィートですが、ジグの負荷が選べるようになっていますよ。

大魔神棒の3機種をチェック!

6フィート3オンスタイプは、最大150グラムまでのジグを操ることができます。

6フィート5オンスタイプは、最大200グラム。

6フィート8オンスタイプは、最大300グラムまで対応できるようになっていますよ。

狙う水深や潮の流れに合わせて、使い分けてみましょう。

ターゲットは沖合いで回遊している大型青物!

大魔神棒は、近海において中型の青物からブリをターゲットにできます。

大型のカンパチや底物を狙うなら、5オンス・8オンスタイプを選択しましょう。

ジグの操作性は高く、ミドルからハイピッチジャークをやりやすいアクションに仕上がっています。

アルコナイトリングにKガイドを搭載!

このロッドのラインガイドには、アルコナイトリングを採用しています。

滑りは滑らかで、安心して魚とのやり取りを楽しめるでしょう。

ガイドフレームには、Kガイドを使っていますから、ライン絡みを抑えることができます。

大魔神棒には、DPSリールシートが標準装備されています。

専用クロスバッグも付いているので、持ち運びに便利ですね。

メーカー希望本体価格は、16,000~18,000円。

グリップ部分で並継ぎになっている2ピース仕様です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング