カバー 写真

ティップカバー(A)に2019年追加サイズ・ロング80が登場!竿先を破損から保護!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中のティップカバー(A)に、2019年新しいサイズが追加されます。

竿先=ロッドティップは、魚からのアタリを取るために繊細に作られていますから、外からの衝撃で破損しないように運搬しなければなりません。

そのためのアイテムが、ティップカバーなのです。

ティップカバー(A)の基本情報!どんなカバーなの?

ティップカバー(A)は、竿先を衝撃で破損することを防ぐための防護アイテムです。

サイズは、3種類用意されていますよ。

外寸約37×2.5センチのもの、約55×2.5センチのもの、そして2019年追加となる約80×4.5センチのロング80サイズです。

ティップカバー(A)の先端内部にはセミハードボードを設置!

このカバーの素材には、ナイロンが使用されています。

先端内部には、セミハードボードを設置。

本体内部には、クッション材を内蔵しているので、衝撃やこすれに強くなっていますよ。

本体の内側にハードシャフトが入っていて、繊細な竿先を曲がりによる破損から守ってくれます。

クロロプレン製ベルトと面ファスナーでしっかり固定!

ティップカバー(A)には、滑りにくいクロロプレン製ベルトと面ファスナーが付いていて、しっかり固定することができます。

それによりすっぽ抜けや竿先の突っ込み過ぎを抑えられますよ。

軽量設計なので竿先に負担がかかりにくく、カバーをセットした状態が安定するようになっています。

カワハギ竿の細かなシングルガイドをほとんどカバーできるロング80サイズ!

船釣り用の小物竿や先端部ガイドの小さいルアーロッドなどに用いるようにしたいですね。

ロングタイプは、より広くロッドブランクやガイドをカバーできます。

追加のロング80なら、船釣りカワハギ竿などの細かなシングルガイドが、ほとんどカバーできてしまいますよ。

ティップカバー(A)には、2種類のカラーがラインナップされています。

●ブラックカラー

●レッドカラー

竿先の細さや種類に合わせて、カラーを使い分けるようにしたいですね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング