ルアー 写真

太刀魚に効くルアー特集!ジグヘッド+ワーム以外にも効果的なルアーが登場!

FISHING JAPAN 編集部

太刀魚釣りを手軽に楽しむには、ルアー釣りがおすすめです。

従来の餌釣りのような多くの道具を必要としませんから、気軽に出かけられますよ。

最近では、太刀魚の鋭い歯に負けない材質のルアーも増えてきました。

ルアー釣りを実践すれば、どんなメリットがあるのでしょうか?

太刀魚をルアーで狙えばたくさんのメリットが!

太刀魚を餌釣りでおこなうと、ひとかじりされたら餌はポロポロ。

再度付け替えなければなりませんでした。

ルアーなら仕掛け作りの手間が省けますから、手返しよく釣りを展開することが可能です。

ルアーにケミホタルなどの発光パーツを付ければ、集魚効果が上がりますし、道糸とルアーの間にワイヤーを装着すれば、太刀魚の鋭い歯で切断されることを防げます。

太刀魚のルアー釣りには、メリットがたくさんあることになりますね。

太刀魚ルアーの代表といえばジグヘッド+ワーム!

エコギア(Ecogear) パワーダートヘッド

エコギア(Ecogear) パワーダートヘッド

Amazonへ

エコギア(Ecogear) ワーム パワーダートミノー

エコギア(Ecogear) ワーム パワーダートミノー

Amazonへ

太刀魚のルアー釣りで用意したいのは、専用のジグヘッドとワームです。

この組み合わせなら、ロッドを縦にしゃくることで、左右に軽快にダートアクションさせることができますよ。

これをワインド釣法と呼び、太刀魚を誘い寄せて釣るのに、極めて効果的です。

太刀魚釣り初心者の人なら、ジグヘッド+ワームを使ったワインド釣法から始めてみてはいかがでしょう。

ロッドやリールも、エギングやシーバス釣りのものから転用できますから、新しく買い揃えなくてもかまいませんよ。

ワイヤーリーダーでルアーロストを減らそう!

OWNER(オーナー) 31869 TF-W2 ワイヤーリーダー 10cm

OWNER(オーナー) 31869 TF-W2 ワイヤーリーダー 10cm

参考価格:¥249

Amazonへ

太刀魚釣りに使うルアーと道糸・ショックリーダーとの間に、スチール製のワイヤーを結んでおくと、切断トラブルを防ぐことができます。

太刀魚の歯はとても鋭いので、ショックリーダーだけではカンタンに切られてしまうのです。

ワイヤーの長さは、10センチもあればじゅうぶん。

タングステン素材を使った極細のものも販売されています。

新しい太刀魚釣り専用ルアーが次々に登場!

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ 陸式 アンチョビミサイルJr. 90mm 21g 超ケイムラ/パープル

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ 陸式 アンチョビミサイルJr. 90mm 21g 超ケイムラ/パープル

参考価格:¥918

Amazonへ

最近ではジグヘッド+ワームとは別の、太刀魚専用ルアーが登場していますよ。

ミノーのようなリップは付いておらず、往年のスラッゴーのようなスティックベイトの形をしたシンキングタイプのルアーですね。

カラーは、太刀魚ジギングで多用される紫色などが人気です。

太刀魚は視力が良いといわれていますから、反応のあるカラーに釣り場でローテーションしていくことで、釣果アップを狙えるでしょう。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング