エギを抱くアオリイカの写真

ヤマシタのエギングアイテム特集!軽快なダートアクションが楽しめる新作エギに注目!

FISHING JAPAN 編集部

ヤマシタは、エギングを始めとした船釣り・岸釣りの仕掛けやイカ角・タコベイトなどの製造販売を手がけている、老舗の釣具メーカーとして知られています。

実際にヤマシタのエギを使ってみた印象は、操りやすくてよく釣れる!というもの。

海水がクリアなエリアでロッドを軽やかにジャークさせると、エギが左右に軽快に飛び跳ねる様子がよく分かりますよ。

丁寧な作り込みにも好感が持てますし、エギングを始めるならまず最初に手にして欲しいアイテムといえるでしょう。

ここでは、そんなヤマシタのエギング関連アイテムについてご紹介します。

ヤマシタのエギング動画はどれも分かりやすい!

ヤマシタがプロデュースするアイテムは、数多くリリースされていて、どれも安心して釣り場へ持ち込めるものばかりです。

そこには長年に渡るノウハウが、しっかり盛り込まれていて、ユーザーの望む機能が搭載されていますよ。

当然ヤマシタが公開しているエギング動画の内容も、メーカーとしての姿勢が反映されています。

動画を見る側が理解しやすいように、丁寧で分かりやすくゆっくりと解説していく手法が徹底されていますね。

エギングを一過性の釣りととらえずに、自然と釣り人をつなぐ奥深いものとして大切にしているのが、きっちり伝わってきます。

ヤマシタ新作エギの実釣インプレ解説動画はこちら!

ヤマシタのエギング用新作アイテム・エギ王LIVEの実釣インプレ解説動画をピックアップしてみました。

水中アクションシーンはもちろんのこと、誰でも軽快にダートアクションを引き出せることが、理解できる内容になっていますよ。

アオリイカに襲われると、小魚は左右に激しく迷走して泳ぎます。

まさにパニック状態になるので、それを釣り人がエギを用いて意図的に演出できるというのは、エギングを楽しむ上で大きな強みとなるでしょう。

ヤマシタ・エギ王LIVEの実釣インプレ動画

エギング初心者のための解説動画はヤマシタが公開しているものがおすすめ!

ヤマシタの製品テスター=エギングマイスターである川上英佑さんの解説動画は、とても分かりやすい内容になっています。

エギングをやってみたい!と望んでいる初心者の人が見ると、釣り場に立っているような感覚でレクチャーを受けている気分に浸れるでしょう。

エギングをマスターするためのハードルを下げて、なおかつ理解を深めるのに適した進行ですから、ぜひご覧ください。

エギングマイスター・川上英佑さんのエギング解説動画

漁港内や防波堤でのエギングをマスターしよう!

ヤマシタのエギングマイスター・川上英佑さんが、漁港内や防波堤におけるエギングの実践方法を解説している動画がこちらです。

アオリイカは小魚を追い込んで捕食しますから、実は漁港のように囲まれている環境のほうが、活発に捕食活動をおこないます。

「沖磯みたいな藻の生えているポイントじゃないの?」

そういうポイントでエギングがおこなわれている釣りDVDが多いですが、漁港・防波堤も負けず劣らずよく釣れることを覚えておきましょう。

「漁港だと、イカを見つけてもすぐに逃げちゃうんだよなぁ~、、」

そこです!こちらの姿をイカが見つけやすい環境にあるので、それがプレッシャーとなって釣りにくくなっているだけなのです。

姿勢を低くし、ロッドを立てて移動しないように配慮すれば、アオリイカが浮き上がってくるシーンを見ることができるかもしれませんよ。

ただし、漁港内には漁船をつなぐロープが張り巡らされています。

そこにエギを引っ掛けては、漁師さんの作業の邪魔になりますから、絶対にロープのそばではエギングをしないでください。

釣りマナーの基本を守りながら、エギングマイスター・川上英佑さんの解説を思い起こしつつ、エギを操ってみましょう。

漁港・防波堤でエギングを実践するための知識や技術を習得できる動画

見えイカを釣りたい!エギングのサイトフィッシングをマスターしよう

エギングに出向くと、海中を優雅に泳いでいるアオリイカに出会うことがあります。

急いでエギをキャストしますが、その後ろをゆったりついてくるものの、抱くには至らない。

そんな経験をしたことのあるアングラーは多いでしょう。

いったいどうやってエギを抱かせるのか?

ヤマシタのエギングマイスター・川上さんの、サイトフィッシングテクニックを収めた動画が、その疑問を解決してくれますよ。

エギには個々に沈下速度が設定されています。

つまり、着水してからボトムへ向かうフォールのスピードのことで、ヤマシタのスタンダードモデルなら、1メートル沈下するのに3秒かかります。

これを投入して、ついてきたアオリイカを見つけたところから、この動画は始まります。

川上さんのサイトフィッシングテクニックをじっくり見てみましょう。

サイトフィッシングでイカをとらえるテクニックに注目

夜のエギングでアオリイカからのアタリを感知するにはどうすればいいの?

エギングは夜釣りになってしまうことが多々ありますが、ラインの動きが見えないですから、アオリイカからのアタリが判別できないケースが発生します。

実際に海辺に立つと、真っ暗で海面すら見えません。

そんな状況下でアタリが分からなければ、みすみすアオリイカを逃がしてしまうことも。

それを防ぐためのテクニックが、ヤマシタ・エギングマイスターの川上にはあるというのですが、これは必見ですよね。

エギングロッドのティップを下げるというのは聞いたことがあるのですが、それだけではアオリイカからの信号を感知できないでしょう。

蛍光色のPEラインを使うのでしょうか?

それでも視認するには限界がありますから、目で見て判断する展開にはなりませんよね。

果たしてどんな秘訣が隠されているのか、ぜひ動画をご確認ください。

夜釣りのエギングでアオリイカのアタリを判別する方法

エギのカラーの選び方をマスターしよう!

エギングで使うエギのカラーは、釣具店の店頭で眺めるだけでも、とんでもない数が用意されています。

ヤマシタのエギもカラーは豊富で、全アイテムをチェックしても覚え切れないほどの種類がラインナップされていますよ。

エギングマイスターの川上さんなら、どのようなカラーの選び方をするのか、興味が湧いてきますね。

一般的にエギのカラーは、背中の配色と下地に使われるテープカラーに注目が集まります。

背中のカラーは、キャストして水中で漂わせたときに、真っ先にアングラーの目に飛び込んで来るカラーですから、目立つものにしておくとエギを発見しやすいでしょう。

雨が降って水面が濁っているときなら、派手なピンクやイエロー・オレンジなどの膨張色系がおすすめです。

でもそれは釣り人サイドの都合であって、アオリイカが好むかどうかは別次元。

その辺りをどのように解決していくのか、エギングマイスター・川上さんの解説が楽しみですね。

もしかすると、下地のテープカラーにアオリイカを引き寄せる要素が仕組まれているのでしょうか。

エギングで使うエギのカラーの選び方動画

ヤマシタの最新おすすめエギングアイテム!どのエギも魅力的

ヤマシタのおすすめエギングアイテムをピックアップしてみました。

どのエギも丁寧にバランス取りされていて、カンナも鋭いものが搭載されています。

人気のエギ王Qをキャストして、ボトムをとってからシャクリアクションを加えてみましょう。

フォール中にアタリが出やすいですから、ラインテンションを張って待ち構えてください。

ナオリーRHを使えば、見えイカをスムーズに反応させることができるかもしれませんよ。

子イカが群れるシーズンなら、積極的にサイトフィッシングを仕掛けてみるのもいいかもしれませんね。

ただし、サイズの極端に小さなイカが釣れた場合は、リリースする習慣を持つようにしましょう。

大切な釣り資源をアングラーが率先して守っていくことも、ヤマシタは提案し続けています。

それにならって行動することで、末永くエギングを楽しむことができるでしょう。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ ナオリー RH B 1.5号 3.5g レッドヘッド夜光 B03

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ ナオリー RH B 1.5号 3.5g レッドヘッド夜光 B03

参考価格:¥724

Amazonへ

ヤマシタ エギ王 TR サーチ 3.0号 023 オレピンケイムラ(yamaria-599091)

ヤマシタ エギ王 TR サーチ 3.0号 023 オレピンケイムラ(yamaria-599091)

参考価格:¥1,111

Amazonへ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 Q LIVE ベーシック 20g 3.5号 N14 TTI チラツキイワシ デザインホロ+490グローボディ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 Q LIVE ベーシック 20g 3.5号 N14 TTI チラツキイワシ デザインホロ+490グローボディ

参考価格:¥1,188

Amazonへ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 3.5号 18g サンセットグロー R07

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギーノ ぴょんぴょんサーチ 3.5号 18g サンセットグロー R07

参考価格:¥772

Amazonへ

ヤマシタのエギングに取り組む姿勢が新しい展開を生み出し続ける!

エギングに関わるヤマシタの姿勢は、アングラーが共感できるものが多いという印象です。

特にエギングマイスターの川上英佑さんによる解説動画は、エギング初心者が持っておくべき知識のオンパレードで、何度も見たくなるものばかりでした。

常に自然を観察しながら、エギングテクニックにつながる要素をピックアップし続けている証しでしょう。

FISHING JAPAN編集部は、川上さんの新しい動画がリリースされたら、随時特集する予定です。

これまで通りの分かりやすい解説動画を期待します。

ヤマシタがリリースする新製品情報にも、しっかり注目することにしましょう。

DAILYランキング