ライト 写真

釣りに使うライトはどれを選べばいいの?ランタンやヘッドライトからおすすめアイテムをピックアップ!

FISHING JAPAN 編集部

釣りは昼夜問わず楽しめますが、夜釣りを安全に実践するには、ライトが必需品です。

単に手元を照らすだけでなく、自分の足元を広範囲に照らしてくれるなら、危険物を事前に見つけることができるでしょう。

釣り場のような水辺に強いライトをチェックしてみました。

夜に釣りをするにはライトが必需品!

夜釣りをする上で、ライトは必ず持参したいアイテムのひとつです。

仕掛けやルアーの結び換えには、絶対要りますし、エサをハリに付けるなどの細かい作業には、なくてはならないでしょう。

ただし、タックルが増えてしまうといけませんから、①軽量②小型③点灯持続時間が長いなど、条件が厳しくなるのは否めません。

釣りにはどんなライトが適しているのでしょうか。

足場を広く照らしてくれるランタン!

まず釣りにおすすめしたいライトは、ランタンです。

昔なら実際に火を着けて灯していたのですが、現在は電気でライトが点灯するものがほとんど。

かなり軽量で小型化されてきましたし、IP65程度の防水機能を有しているものが増えてきました。

価格も2,000円前後から選べますから、コスパの高いアイテムといえるでしょう。

夜釣りのシーンでは、ランタンで自分の足元を照らすようにしてください。

ただし、他の釣り人に向けて照らしたり、水面を長時間照らすことは、釣りの邪魔をしていることにつながりますから、控えるようにしましょう。

両手がフリーで使えるヘッドライト!

釣りで両手がフリーに使えるのは、大きなメリットですよね。

それが可能なのは、ヘッドライトを装備して活用するときでしょう。

頭部に光源があれば、仕掛けやルアーの装着はカンタンに済ませますし、タックルの持ち運びもラクチンです。

ただし、あまり重量のあるライトだと首が痛くなってしまいますから、軽量なタイプを選ぶようにしてください。

連続点灯時間を購入前に必ずチェック!

ランタンもヘッドライトも、どれくらいの時間使用可能なのかを調べておく必要があります。

釣り場でライトをつけっぱなしにはしないでしょうが、それでもひんぱんに点灯することを考えると、4時間以上は連続使用できるものを選びたいものです。

明るさは素晴らしいのに、1時間で点灯しなくなってしまうようなライトは、夜釣りでは使えない部類に入ってしまいます。

充電機能付きなのか電池なのかも重要!

自宅で充電して釣り場へ持ち込めるライトは、充電して何度も使えるというメリットがあります。

ただし、電源を使い切ってしまうとどうしようもありません。

そこで電池式のライトも持っておくと便利でしょう。

常時使うのは充電式で、もしものときに電池を手に入れて使うことができれば、釣りを続けることができますよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング