ルアー 写真

バンタム Btスラプターは2019年新発売の泳ぐレンジコントロールが調整可能な新型スイムベイト!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2019年新発売されるバンタム Btスラプターは、テールの形状が印象的な新しいスイムベイトです。

メーカーは、セミオートスイッチングベイトと名付けているようですが、どんな性能が搭載されているのでしょう。

その特徴や製品カラーラインナップをご紹介します。

バンタム Btスラプターってどんなスイムベイトなの?基本スペックはこちら!

バンタム Btスラプターは、バス釣り用の新しいジョイント型スイムベイトです。

全長は182ミリで、自重は58グラム。

フローティング仕様ですから、バスを誘って水面で食わせることができます。

このサイズなら、シーバスもターゲットにできそうですね。

バンタム Btスラプターの最後尾にはシフトテールを装備!

このスイムベイトのテールに注目してください。

これまで見たことのあるシャッドテールではありません。

大きくて広い表面積を持ち、上部分と下部分でデザイン・ボリュームが異なっていますよ。

これをシフトテールと呼び、上下の違いで水の抵抗差とひねりを発生させます。

それにより、泳ぎの安定性を高め、水面に飛び出すようなアクションを生み出すのです。

腹部にシリコンチューブ製のウェイトホルダーを搭載!

バンタム Btスラプターの腹部には、シリコンチューブが設置されています。

そこに市販のネイルシンカーを装填して、スローフローティングからスローシンキングまで多彩なタイプに切り替え調整が可能です。

さまざまな重さのネイルシンカーを用意して、釣り場のバスに合わせて浮き沈みさせてみましょう。

ジョイント部分はトリプルコネクト構造!

このスイムベイトは、3箇所で連結しています。

センター部分にフリクション機能を持たせていて、ジョイントベイトにありがちな機械的な動きを排除していますよ。

その追従性や柔軟性が、トゥイッチやジャーク・早巻きなどに瞬時に反応し、水面へのエスケープアクションを生み出すのです。

これが、セミオートスイッチングベイトと名付けられた理由でしょう。

このスイムベイトには、6種類のカラーがラインナップされています。

●チャートギル

●マナブナ

●イエローベイト

●カメレオニックC

●ベイトギル

●KGレッド

バンタム Btスラプターは、2019年3月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング