ワーム 写真

スティーズ ハイドロスティックは2019年新発売のわずかな水流でも反応するマイクロハンドを持ったワーム!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2019年新発売のスティーズ ハイドロスティックは、バス釣り専用のストレートワームです。

側面に小さな手パーツ=マイクロハンドが、たくさん付いていますよ。

その特徴を詳しくチェックしてみましょう。

スティーズ ハイドロスティックってどんなワームなの?基本スペックはこちら!

スティーズ ハイドロスティックは、マイクロハンドがたくさん付いたストレートワームです。

サイズは、3.4インチというひと口サイズ。

素材には塩が含まれていません。

昨今のストレートワームで塩が入っていないものは、珍しいですね。

スティーズ ハイドロスティックは比重の低いノンソルティボディ!

塩入りボディではないということは、比重が低いことになります。

水中では沈みにくいし倒れにくくなりますが、その分水平姿勢を維持できますよ。

そのまま放置しておくと、バスが思わず食い付いてしまうでしょう。

ハイプレッシャーな釣り場向きの自発的アクションが得意!

スティーズ ハイドロスティックは、釣り人側が積極的にアクションを加えるよりも、自発的なアクションに頼ったほうが好結果につながるワームのようです。

ハイプレッシャーな釣り場では、過度なアクションではバスは見向きもしてくれません。

そんなときにこのワームを投入してみてはいかがでしょうか。

ワームを放置するという釣り方を効果的に活用しよう!

ほっとけメソッドと命名されたアプローチが過去に存在したことがあるくらい、ワームを放置するという釣り方は効果的です。

このワームのように、マイクロハンドやリブがしっかり周囲の水をつかんで自発的にアクションしてくれれば、極めてナチュラルな生命感が溢れ出たことになります。

バスが疑いなくバイトしてくる理由にもなるでしょう。

スティーズ ハイドロスティックには、釣れ筋のカラーが11種類用意されていますよ。

公式ホームページでチェックしてみてください。

●グリーンパンプキン

●サマークロー

●霞ジンゴローム

●グリーンパンプキンブルーフレーク

●ウォーターメロンシード

●スカッパノン

●シナモングリーンフレーク

●シュリンプ

●マジックシャッド

●ケイムラシラウオ

どれもベイトフィッシュそっくりの人気カラーですね。

スティーズ ハイドロスティックは、2019年4月に発売予定です。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング