ルアー 写真

トリコロール流芯63HWは2019年新発売の本流・中流域トラウトをターゲットにしたミノー!

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルから2019年新発売のトリコロール流芯63HWは、本流・中流域のアマゴやサツキマスを狙うためのミノーです。

注目すべきは、そのウエイト。

コンパクトなボディに、なんと7.0グラムも与えられていますよ。

詳しい特徴や水中アクション動画、製品カラーラインナップをご紹介しましょう。

トリコロール流芯63HWの基本スペック!どんなミノーなの?

トリコロール流芯63HWは、コンパクトボディにヘビーウエイトを与えられた、ネイティブトラウト用のミノーです。

全長63ミリで、自重は7.0グラム。

フックは、トレブルフックのショートシャンクRBM10番が標準装備されています。

トリコロール流芯63HWにはローリングスイベルアイを搭載!

このミノーは、中流から本流域のアマゴやサツキマスをターゲットにしています。

ベイトサイズが比較的小さいケースやハイプレッシャーなポイントでこそ、コンパクトサイズが効いてくるでしょう。

お腹部分のフックアイに注目してください。

掛かった魚が暴れてもフックから外れにくくなるように、ローリングスイベルが付いています。

ウォブンロールアクションが得意!

トリコロール流芯63HWは、平打ちしながらロールが強めに出るようにセッティングされています。

いわゆるウォブンロールアクションが得意で、トゥイッチするとボディを翻しながら、低活性のトラウトの捕食スイッチを入れることができるようになっていますよ。

流れに負けないアクションだからこそ、流芯で使いたくなりますね。

ユラユラ揺れながら落ちていくシミーフォールアクション!

このミノーをフォールすれば、ユラユラ揺れながら落ちていくシミーフォールアクションを発生させます。

これまでルアー直前で食わずにターンしていった魚を、しっかり追従させて食わせの間を作ることができるでしょう。

トリコロール流芯63HWには、10種類のカラーがラインナップされています。

●銀ヤマメ

●金アユ

●ストライプワカアユ

●パールアユ

●テネシー

●ライムヤマメ

●サイトアカキン

●フラッシュグリーンバック

●HLコッパーヤマメ

●HLフラッシュアユ

本流域に多いベイトフィッシュ・鮎を中心にカラーが揃えられていますから、頼もしいですよね。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング