リール 写真

注目のシマノ2019年ニューモデル・SLX MGL!マットブラック基調のクローズアップ画像が公開!

FISHING JAPAN 編集部

2019年のシマノ新製品ベイトリールの中でコスパ優秀なのが、SLX MGLです。

その名の通り、MGL=マグナムライトスプールを搭載していますよ。

これは第2世代と呼ばれるMGLスプールで、ブランキングされた穴がスプールの側面にも開いているタイプです。

SLX MGLは海・淡水で使用可能なオールラウンドベイトリール!

SLX MGLは、バス釣りはもちろん、海のライトゲームにも応用可能なベイトリールです。

実際にフィッシングショーで触れた人も多いでしょう。

実感として、マットブラックカラーがとてもしっくりした印象をもたらしてくれます。

ハイエンドモデルではないけれど、質感を損ねていない雰囲気がいいですね。

実際にフィッシングショーでSLX MGLを触ってみた!

クラッチを切ってつないでみても、安っぽい軽さは感じません。

しっかりと切れて、確実につながっている印象です。

ドラグに中指をかけてハンドルを回し、クラッチをつなぐこともスムーズにおこなえますよ。

右巻きハンドルの設定のみ!

SLX MGLは、右巻きハンドルの設定しかありません。

かなり思い切った判断だといえるでしょう。

昨年リリースのバスライズも右巻きハンドルオンリーでしたから、メーカーのマーケティング調査でコスパモデルは右のみでじゅうぶんという結論が出ているのかもしれませんね。

第2世代のマグナムライトスプールを搭載!

このベイトリールのスプールには、第2世代のマグナムライトスプールが搭載されています。

スプール側面のブランキングしたことで、慣性モーメントが従来のものより約10パーセント軽減。

それにより遠投性能がアップしているとのこと。

確かに昨年リリースのバンタムMGLも、よく伸びる弾道でルアーをキャストすることができています。

SLX MGLが価格を低く抑えたコスパモデルであることは、他のリールと比べても明らかです。

だからといって、性能までも低く落としてしまうことがないのは嬉しい限りです。

ラインキャパは、12ポンド100メートルですから、あらゆる釣りに対応できます。

そこで得たユーザー層からの声を、これからの製品作りに活かしてもらいたいですね。

2019年シマノのニューモデルリールをご紹介!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング