ネット 写真

フルレンジネットは2019年新発売のオカッパリバスアングラー必携ランディングネット!

FISHING JAPAN 編集部

テイルウォークから2019年新発売されるフルレンジネットは、バス釣りのオカッパリアングラーが活用しやすいランディングネットです。

思わぬ大型バスが掛かったときでも、慌てず対処できるでしょう。

その特徴をピックアップしてみました。

フルレンジネットってどんなランディングネットなの?基本スペックはこちら!

フルレンジネットは、オカッパリの釣りで便利なランディング用ネットです。

サイズは、2種類用意されていますよ。

●210サイズ・・・全長2.1メートルで仕舞寸法は53センチ、自重450グラム。

●300サイズ・・・全長3.0メートルで仕舞寸法は53センチ、自重605グラム。

フルレンジネットのネット部分はラバーでコーティング済み!

このランディングネットのネット部分に注目してください。

深さは、2種類とも50×40×35センチになっています。

ラバーでコーティングされているので、ルアーごとバスをランディングしてもフックが引っ掛かりにくいです。

素早く取り込んで、次のキャストまでの時間を短縮するには、必要不可欠な仕様といえるでしょう。

ネットとシャフトがセットで便利!

フルレンジネットは、ネットとシャフトがセットになっています。

既存のものには、別々に購入しなければならないネットアイテムが多く、ネジ径が合わなかったりするトラブルも起こりやすいです。

そういった点を解消して、すぐに釣り場で使えるのは嬉しいですね。

ちなみにこのネットのネジ規格は、W1/2相当になります。

オカッパリにはライフジャケットとランディングネットを!

バス釣りをボートに乗らずにオカッパリで楽しんでいる人は多いでしょう。

岸際から水面まで離れているとき、無理に立ち入ってバスを取り込むのは危険です。

その点シャフトを伸ばして足場のしっかりした場所からバスをランディングできるネットは、身の安全も保証してくれますよ。

ライフジャケットの着用とともに、ランディングネットの携帯を実践するようにしてください。

メーカー希望販売価格は、210サイズのほうが、12,000円。

300サイズのほうが、13,500円です。

フルレンジネットは、2019年4月に発売予定です。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング