ルアー 写真

ペンシルベイトをアクションさせるのにおすすめのロッド特集!トップウォーターフリーク注目!

FISHING JAPAN 編集部

ペンシルベイトとは、細長いけれどボリュームのあるトップウォータールアーです。

リップも金属プロップも付いていないので、アトラクション効果が欲しいと思ったら、釣り人自らがアクションを加えなければなりません。

まるで白紙の紙に自由に絵を描ける感覚になれる、釣り人次第のルアーといえるでしょう。

「えーっ、何だか難しそうだなぁ、、、」

「首振りっていうか、ドッグウォークアクションをうまくできないと釣れないんでしょ?」

そんなふうに考える必要は全くありません。

自由に絵を描けば、バスが振り向いてくれるんです。

ペンシルベイトを自由に操りたい!そのためのロッドを選ぼう!

ペンシルベイトは、そのシンプルでボリュームのある形状から、よく飛んでくれます。

釣り人によるプレッシャーのかからないポイントまで飛んでくれる時点で、バスが釣れる確率はグンと上がりますよ。

そのまま水面に浮かせたまま置いておくと、バスが引き寄せられ近づいてくるのです。

あとは釣るだけ、それを難しいと決め付けてしまう人が、すごく多いんですよね。

釣るには、①そのまま置いておく②連続して動かし続ける、この2点をベースにしてペンシルベイトを操ればいいでしょう。

そのままにしておくのは誰にでもできますし、連続して動かすのも、リールハンドルを回せばカンタンにできてしまいます。

リアルな生命感をペンシルベイトから溢れさせるにはどうすればいいの?

②を実践するときに、変化を付けてみましょう。

例えば、不定期にハンドルを回すのを止めるのです。

そうすると、リップのないペンシルベイトは、勢い余って左か右方向へ滑ってから止まります。

その横を向いた姿勢のまま、またハンドル回しを再開してください。

ほら、ぎこちないドッグウォークアクションができたでしょう?

これでいいのです!いや、このほうがいいのです。

左右への流れ幅が微妙に変化して差が生まれますから、それがリアルな生命感を溢れさせ、バスの捕食本能にスイッチを入れるきっかけになるでしょう。

ペンシルベイトにおすすめのショートレングスロッド!

ペンシルベイトを正確にポイントへ向けてキャストしようとすれば、ショートレングス=短いロッドがおすすめです。

このロッドのように5.5フィートもあれば、短いといえどじゅうぶんな飛距離を稼ぐことが可能でしょう。

しっかりキャストの練習をして、正確さを習得するのに適したロッドです。

コスパが極めて優秀なのも嬉しいですね。

定番トップウォーターロッドの懐の深さを体感しよう!

トップウォータールアー用アイテムとして、かなり有名な部類に入るロッドです。

グラス素材を使っているので全体的によく曲がり、掛かったバスを弾きません。

それだけでじゅうぶんメリットを感じられるでしょう。

グリップがブランクスから取り外し可能で、丸型から最新のロープロファイル型までさまざまなベイトリールを設置できるようになっています。

最新バスロッドシリーズにもペンシルベイトに適した名竿あり!

最新のバスロッドシリーズに含まれていて、グラス素材をコンポジットした仕様になっています。

実際に使ってみると、軽くて取り回しがとても楽な印象。

グリップも握りやすく、ペンシルベイトを釣り人の意のままに操れる安心感が得られますよ。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング